高校野球・秋田大会(2016):ドラフト注目度C

佐藤宏樹, 小木田敦也, 金澤龍介, 高坂翔矢

高校野球秋田大会の注目選手を紹介します。昨年は何といっても秋田商の成田翔投手に注目が集まった。もともと1試合に二ケタ奪三振がざらの投手だったが甲子園でも三振を奪いまくる投球を見せると、U18日本代表入りし、もともとは社会人を経由してプロ入りと考えTDKに決まっていたが、プロ志望をすると千葉ロッテからドラフト3位で指名をされた。夏に一気に駆け上がっていった。今年もそういう投手が出てくるか。

地区

昨年夏は秋田商が甲子園でもベスト8入りの活躍を見せた。秋は秋田高校が優勝、能代高が準優勝したものの東北大会はともに初戦敗退しセンバツ出場はなし。春は能代高が優勝し明桜が準優勝し、東北大会では能代は初戦敗退、明桜は初戦で東海大山形と18-12という乱打戦をして勝った。

注目選手

県NO.1投手と評価されるのは大館鳳明の佐藤宏樹投手。179cmから球速こそ138キロだがしなる腕から伸びてくるストレートで、秋田工戦で5回1安打無失点ピッチング、大曲工戦でも9回4安打11奪三振1失点。0-1で敗れたが昨年の秋田商投手のような素晴らしい左腕にプロのスカウトが視線を送っている。

その他の選手

角館の小木田敦也選手は174cmと大きくないものの投げては146キロを記録し、打っても鋭い振りを見せ痛烈な打球を放つ。

大舘国際の高坂翔矢投手は181cmの本格派右腕で、球速は140キロを記録し変化球とともに粘りの投球を見せる。将来が楽しみな選手。秋田高校の金澤龍介投手も180cm84kgの体があり、早稲田実との練習試合で1失点完投勝利をして自信をつけた。

2016年度以降-高校生-秋田県のドラフト候補リスト


PAGE TOP