高校野球・北北海道大会(2016):ドラフト注目度B

中川裕元, 古谷優人, 山田智則, 栗原安伸, 橋本球道, 清水拓莞, 遠藤暉世己, 陣翔大

高校野球北北海道大会の注目選手の紹介をします。昨年のドラフトでは北海道の高校生の指名はなかったものの、白樺学園には素質のそろった選手が多く注目された。今年は北の怪腕と呼ばれる存在の選手がいる。

地区

昨年夏は白樺学園が出場も初戦で敗退した。秋は南北海道勢に圧倒され、ベスト8に白樺学園しか残らなかった。春も白樺学園がベスト4に残ったが、札幌勢に押されている。

注目選手

注目選手は、それらの強豪校ではないチームにいる。江陵高の古谷優人投手は176cmの左腕投手だが最速は148キロを記録する。この春はプロ10球団のスカウトの前で9回4安打10奪三振2失点と好投し、絶賛するコメントも出ていた。失点はいずれも味方のエラーという事で北海道を勝ち抜くには全体的なレベルアップが必要かもしれないが、ぜひ見てみたい選手だろう。

またもう一人、北北海道の北見工に2年時に145キロを記録した中川裕元投手がいる。中川投手は1年生秋にその後にセンバツで準優勝する東海大四を9回2アウトまで1点に抑えながらそこから逆転された。また昨年夏も甲子園に出場した白樺学園を6安打に抑えたものの1-2で敗れるなど、高い実力を見せなら悔しい負けを喫している。チームを甲子園にあと一歩という所までもってきているエースだ。

その他の選手

旭川実の陣翔大選手は投げては130キロ後半の重い速球を投げ、野手としても通算45本塁打を記録しており注目される。旭川龍谷の清水拓莞投手も181cm83kgの本格派で130キロ後半の速球を投げ、山田智則投手も中学時から注目されている投手でキレの良い速球と変化球を投げる。

白樺学園の橋本球道選手は170cmの選手だが、春は帯広大谷戦で2本塁打、駒大苫小牧戦で1本塁打と長打力を見せる。守備力もあり打撃も強い後藤博希選手も注目。

稚内大谷の遠藤暉世己投手は184cmの選手で、投打にチームの中心となり注目されている。帯広緑陽の在田光希選手は小柄だが50m5秒台の足と遠投102mの強肩が光る。釧路江南の栗原安伸投手は135キロの速球とカーブのコンビネーションが絶妙。

2016年度以降-高校生-北海道のドラフト候補リスト


PAGE TOP