プロ注目、JR九州・福敬登投手が完封し日本選手権出場決定

JR九州, 福敬登

 社会人野球の日本選手権予選が各地で開かれている。九州では第1代表で三菱重工長崎が出場を決めているが、第2代表決定戦ではJR九州が西部ガスを2-0で下し、日本選手権出場を決めた。

福投手が完封

 JR九州は福敬登投手が登板した。福投手は7日の準決勝の三菱重工長崎戦で先発したものの4回6失点と乱調で降板していた。序盤はピリッとしない内容でランナーを背負うピッチングだったがものの、5回以降は「一球一球集中して投げよう」と丁寧に140キロの速球とスライダーを投げ、終わってみれば9回を投げて許したヒットはわずか3安打、完封勝利でチームを日本選手権出場に導いた。

 福投手は今年最速150キロを記録した左腕投手で社会人屈指の期待のサウスポー、しかし今年の都市対抗1回戦の日本新薬戦では先発したものの3回1/3で3安打2失点で降板するなど、この日のように素晴らしいピッチングを見せる日もあれば乱して早々と降板する試合もある。

 

野球では無名の高校出身

 福投手は今年5年目を迎えるが、高校から社会人に進学をしており、今年の大学4年生より一つ上の世代となりまだ若い。高校は神戸西高校で、3年時は須磨翔風、須磨と合同チームで夏の大会に出場するなど、野球では有名な高校ではない。しかしその大会では滝川二を破るなど話題になっていた。

 180cm85kgの150キロ左腕は貴重な素材としてプロも注目する。非常に力がありながら登板のムラがある事をどのように評価だが、もっと育てられると判断すれば指名があるかもしれない。

JR九州のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

福初完封 西日本スポーツ紙面 2015/9/10

 


PAGE TOP