明治安田生命の4年目・大久保匠投手が5安打11奪三振で完封

大久保匠, 明治安田生命

明治安田生命vs東芝の試合では、明治安田生命の大久保匠投手が、東芝を5安打11奪三振で完封した。有力な選手が続々と加入し、奮起の投球となった。

145キロ右腕

大久保匠投手は花咲徳栄から明治大に進学し、明治安田生命に進んで4年目となる。177cmの右腕で最速は145キロを記録しているが、大学ではリーグ通算でわずか5試合の登板しかなく、社会人でもそれほど目立った活躍はできていなかった。

この日は最速は141キロ、それでもコントロールが良く、東芝打線にスキを与えないピッチングで、9回も2アウト三塁のピンチだったが、140キロの速球を外角低めにズバッと決めて三振を奪い勝利した。

コントロールとともに磨いたカットボールも有効に使い、この日は三振も奪えた。チームのエースとして信頼される投手となった。

新人加入

明治安田生命は社会人チームの有力チームだが、勉強の方でもかなり優秀でないと入社が難しいという話しも聞き、他のチームが高校や大学で活躍した有力選手を集める中で、それほど目立った補強はなく、最近は社会人野球でも目立った成績を残していなかった。

しかし今年は、慶大の三宮舜投手と早稲田大の道端俊輔捕手、中大の泉澤涼太選手に立教大の小林昌樹投手と、大学の主力クラスを補強して注目をされていた。この日ルーキーでは中央大の小川拓真選手が6番ファーストで出場したが、プロを視野に入れる選手たちが加入し、チームは間違いなく活性化されている。

チームの補強の本気度を見て、都市対抗や日本選手権で上位も狙えるという雰囲気も出てくるだろう。大久保投手もその流れに触発されたのかもしれない。

明治安田生命のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2016年度-社会人投手-右投のドラフト候補リスト

今大会初完封は、明治安田生命の4年目右腕だった。2点リードの9回2死三塁。大久保が投じた113球目の140キロ直球は外角低めに決まった。11個目の奪三振。最後のピンチをしのぎ「いいスタートを切れてよかった。周りの皆さんのおかげ」と笑顔を見せた。


PAGE TOP