大商大・岡田明丈投手がオリックス2軍戦で150km/h記録、9球団23人スカウト視察

大商大, 岡田明丈

 オリックスと大阪市内の大学、社会人チームが参加し、大阪プロアマトーナメントが開幕し、オリックスの2軍と関西六大学リーグ覇者の大商大が対戦、ドラフト上位候補の岡田明丈投手が先発した。

5回4失点

 プロ注目の岡田明丈投手は体重が82kgに増すと、2回1アウトからはすべて直球で勝負し最速150km/hを記録した。4回にチャベス選手に3ランホームランを浴びるなど5回6安打4失点という内容だったが、カラバイヨ選手のバットを折るなど「変化球を打たれたら悔いが残る。直球は通用すると思った」と手ごたえを感じている。

 

プロスカウト「1位は間違いない」

 この日は9球団23人のスカウトが視察に訪れ、岡田投手の投球に絶賛の声が挙がった。巨人・渡辺スカウトは「球威がある。1軍でも十分通用する」と評価すると、中日・米村スカウトも「12人に入ってくる。1位は間違いない」と、ドラフト1位の評価を下した。

 また阪神の畑山スカウトは「計り知れない伸びしろを感じる」と話し、評価を挙げた昨年秋から今年の春、そしてこの日のピッチングと、ぐんぐん成長する岡田投手を評価していた。

 ドラフト会議では外れ1位などで指名が予想される。

2015年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト

2015年ドラフト指名予想 

関西NO1右腕がプロ相手に見せた堂々の投球に、巨人・渡辺スカウトは「球威がある。1軍でも十分通用する」。中日・米村スカウトも「1位は間違いない」と絶賛した。

「ストレートは通用するなと感じました」と話したように、2回1死以降はオール直球で、今季12本塁打のカラバイヨのバットをへし折る場面も。阪神の畑山俊二スカウトは「計り知れない伸びしろを感じる」、中日の米村明スカウトは「(1位の)12人に入ってくる」と評した。


PAGE TOP