大商大・岡田明丈投手が7回4失点もリーグ13連勝、巨人、阪神、千葉ロッテなど6球団視察

吉持亮汰, 大商大, 岡田明丈

大商大のドラフト1位候補・岡田明丈投手はこの日、大経大との試合で先発し今季6勝目を挙げた。

7回4失点

制球力にも定評のある岡田明丈投手だが、この日は制球に苦しんで7回を投げて6安打に6四球、4点を失った。「相手はバットが振れていた。力勝負でいったがバランスが合わなかった」と反省の言葉を話している。しかし最速は147キロを記録、スライダー、フォークで7三振を奪うなど力強い投球を見せていた。

 

6球団15人スカウト視察

この試合でリーグ戦は終了し、来週のドラフト会議前のラスト登板となった。広島オリックスが高い評価をしている岡田投手はドラフト1位での指名は確実とみられる。この日は阪神千葉ロッテ巨人など6球団15人のスカウトが視察し、巨人の山下哲治スカウト部長は「1位の選手だな。今年の大学生ではNO.1のスケール」と評価した。

 

吉持選手、盗塁記録はならず

またこの日は、ドラフト上位候補の吉持亮汰選手のリーグ最多盗塁記録にも期待が高まっていたが、3打数1安打も盗塁はできずに終わった。しかし8回からマウンドに上がり、1回2/3を投げて最速143キロの速球でノーヒット3奪三振に抑えた。

明治神宮大会出場に向け、投手としても期待が高まっているが、まずは来週のドラフト会議での指名を待つ。

2015年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト

2015年度-関西六大学リーグのドラフト候補リスト

阪神やロッテなど6球団が視察。巨人の山下哲治スカウト部長は「1位の選手だな。今年の大学生ではNo.1のスケール」と絶賛した。

 「相手はバットが振れていた。力勝負でいったが(投球フォームの)バランスが合わなかった」と言いながらも、最速は147キロを計測。力強い直球とスライダー、フォークでネット裏のスカウト陣をうならせた。

 


PAGE TOP