創価大・田中正義投手が強化練習スタート、巨人、福岡ソフトバンクが視察

田中正義

プロ野球キャンプが始まる中で、創価大も八王子のグラウンドで強化練習を開始、田中正義投手には巨人福岡ソフトバンクのスカウトが視察に訪れた。

侍ジャパンに向けて早めに

例年であればリーグ戦開幕に合わせて調整をしていくが、今年は3月5日、6日に行われる侍ジャパントップチームと台湾代表との強化試合に招集される可能性が高く、例年よりも早めの調整をしている。「2月後半には打者相手に、自分の思い通りの球を投げられるようにしたい」と田中投手は話した。3月1日の城西国際大とのオープン戦に先発することが決まっており、そこで実戦登板をした後、侍ジャパンに合流する事になる。

この日は雪も降る中で強化練習が始まったが、巨人と福岡ソフトバンクのスカウトが視察に訪れるなど、変わらずの注目度の高さを示した。

ドラフト会議においては、今年は田中正義の年になることは間違いなく、田中投手にとってもプロ入りに向けた大切な年であり、大学4年生としてチームの日本一や侍ジャパン大学代表候補としても日米大学野球でエース格のピッチングが期待される。

多くの注目と様々なプレッシャーがかかる中で、侍ジャパントップチームや大学代表に参加する可能性も高く、本当に大変な1年になる。とにかくケガをせずに1年間を乗り切ってほしい。

2016年度-大学生のドラフト候補リスト

最速156キロ右腕は、侍ジャパンが3月5、6日に行う台湾代表との強化試合のメンバーに招集されることが決定的で「2月後半には打者相手に、自分の思い通りの球を投げられるようにしたい」と例年より10日ほど早く仕上げるプランを明かした。


PAGE TOP