勝俣翔貴選手、大学では野手一本

勝俣翔貴, 国際武道大

侍ジャパンU18代表でチームの4番を打った東海大菅生の勝俣翔貴選手は、国際武道大に進学する。高校時代はエースとしても甲子園で投げたが、大学では野手一本でプレーし、4年後のドラフト1位指名を目指すことを明言した。

ドラフト1位指名

勝俣翔貴選手は、一昨年秋に東京大会で優勝し、明治神宮大会でも140キロを超す速球とスライダーをなげる投手として注目されたが、静岡高戦でホームランも放ちスラッガーとしても注目されるようになった。

しかし投手では出場したセンバツ大会の初戦で大阪桐蔭と対戦し、4回途中で6失点で降板したほか、夏の西東京大会決勝でも清宮幸太郎選手のいる早稲田実に大きくリードしながら逆転負けするなど、投手としては限界も感じていていたとみられる。

逆に打撃では、鋭いスイングと確実性の高さが評価され、U18代表では最終的に4番を任され、決勝のアメリカ戦でも4打数2安打を記録、大会での打率.556で首位打者を、また12打点で打点王と2冠に輝く活躍を見せた。

プロも野手として高い評価をしており、勝俣選手もプロ志望届を提出しドラフト会議で指名があるかと思われたが、ドラフト2位以上ならばプロ入りという条件を提示しており、プロ側は指名を見送った。

勝俣選手は、「野手一本でいきたい」と話し、「1年目からレギュラーを獲って、リーグ戦で首位打者を目指したい。4年後にドラフト1位でプロへ行くために考えてやりたい」と、明確に4年後のドラフト1位指名を口にした。

2019年ドラフトでは間違いなく名前が挙がってくる選手だと思う。期待して待ちたい。

侍ジャパンU18日本代表の選手一覧 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

大学では「野手一本でいきたい」ときっぱり。三塁手で練習を積んでおり「1年目からレギュラーを獲って、リーグ戦で首位打者を目指したい。4年後にドラフト1位でプロへ行くために考えてやりたい」と力を込めた。


PAGE TOP