創価大は田中正義だけにあらず、池田隆英投手、秋元秀明投手も決意示す

創価大, 池田隆英, 秋元秀明

今年のドラフト会議で注目されるのが創価大・田中正義投手だが、創価大にはほかにも二人にプロ注目投手がいる。

創価高のエース

田中正義投手は創価高の1年時には投手として登板をしていたものの、肩を痛めて外野手に転向していた。そしてエースとなったのが池田隆英投手だった。池田投手は181cmの右の本格派で、140キロ超の速球がありドラフト候補として注目されていた。しかしその池田投手も3年夏に右膝前十字じん帯を断裂の大けがをし、プロへは行かずに創価大に田中選手とともに進学をしている。

大学でもリハビリを続けた池田投手だが、2年生の春にようやく投球が再会すると、その秋の明治神宮大会で最速151キロを記録した。本格派投手の素質が開花し田中正義投手とともに150キロ右腕としてプロが注目をしている。

 

1年春の開幕投手

大学に入学し再び投手に転向をした田中正義投手、故障のため投げられなかった池田投手がいるなかで、同じ時に入学した投手が、その直後のリーグ戦の開幕試合にいきなり先発を任されていた。秋元秀明投手だ。秋元投手は三浦学苑高校時代に最速147キロを記録しプロも注目した投手だった。

田中選手と同じ186cmの大型右腕で、その開幕戦で勝利するとそのまま4勝しエースとしての活躍を見せた。しかし2年生の春のキャンプ中に右ひじを痛めると、その春のリーグ戦で田中正義投手が頭角を現し、今の姿となっていった。

池田投手も秋元投手も、一つのきっかけでいきなりブレークする可能性を秘めた投手だと思う。そして、今年は田中正義投手のおかげでプロのスカウトも連日のように来ており、注目される環境は整っている。北海道日本ハムの今成スカウトも「池田君と秋元君もいい選手。順調にいけば、みんな戦力になる」と話す。

3人共にドラフト会議で指名となるか、秋のドラフト会議が注目される。

創価大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

日本ハム・今成スカウト「(田中は)順調にいけば、球界を代表するピッチャー。池田君と秋元君もいい選手。順調にいけば、みんな(プロで)戦力になる」

秋元は入学直後の1年春、いきなりリーグ戦で開幕投手に抜てきされた。「その時も147キロくらい出ていましたが、まさかと思った。思い切りやる中で楽しめて、自信になった」。期待に応えて白星をつかみ、春は主にカード初戦を任されて4勝を挙げた。


PAGE TOP