神奈川大・濱口遥大投手が横浜DeNA2軍相手に好投、巨人、中日、日本ハム、ロッテなどスカウトも視察

濱口遥大, 神奈川大

神奈川大は横浜DeNA2軍とプロアマ交流戦を行い、今年のドラフト上位候補にも名前が挙がる、150キロ左腕の濱口遥大投手が先発した。

146キロで3回無失点

濱口遥大投手は大学1年時に150キロを記録し、大学2年時の大学野球選手権では慶応大に9回5安打11奪三振1失点で完投勝利を挙げるなど、エースとしてチームを決勝に導いた。しかし昨年夏の侍ジャパン大学代表vsNPBの若手の試合では先発をしたものの2回で7安打を許し2失点、2番手で登板した田中正義投手が4回パーフェクト8奪三振の快投を見せており、評価を分けるピッチングとなった。

この日は初回、先頭の乙坂選手に四球を与えたもののその後は抑え、落ち着いたピッチングで3回をノーヒット、2奪三振で無失点に抑える好投を見せた。「指にかかったボールを7割くらい投げられた」と評価し、またこの日投げた新球のフォークボールも「感じがいい」と自己評価、しかし2つの四球を与え、濱口投手は「先頭を四球で出してしまった」と反省も口にした。

5球団スカウト絶賛!

この日は、横浜DeNAの他、巨人中日千葉ロッテ北海道日本ハムの5球団のスカウトが視察し、中日の石井チーフスカウトは「大学ナンバーワン左腕だろう」と話すと、北海道日本ハムの大渕スカウトディレクターも「直球は速いだけじゃなく力がある。そこにチェンジアップ。松井裕みたいなタイプ。プロの1軍の中に入れても引けを取らない」と話し、千葉ロッテの井辺スカウトも「ボールに力があり、チェンジアップもストレートと同じ腕の振りで、バッターはタイミングが取りづらい」と評価、軒並み高い評価を受けていた。

172cmと小柄だが速球の勢いと実績で大学NO.1左腕と評価を受ける濱口投手、プロのスカウトも多くが視察に訪れ、高い評価を得られた。今年1年間、きっちりと投げてドラフト1位でのプロ入りを目指したい。

横浜DeNA2軍は1日から大学と交流戦3試合を行い、明治大の柳裕也投手、星知弥投手、横浜商大の左澤優投手、そして神奈川大の濱口遥大投手とドラフト候補投手と対戦した。横浜DeNAのスカウトにとっても、そして3試合とも視察に訪れた北海道日本ハムなど他球団にとっても、今年チェックする選手の状態をチェックする良い機会となった。

2016年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト

神奈川大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

DeNA、巨人、中日、ロッテ、日本ハムのスカウトが見守る中、神奈川大・浜口は先発で、この日最速146キロの直球にチェンジアップ、フォークなどをまじえ3回無安打2四球3三振無失点に抑えた。

日本ハムの大渕スカウトディレクターは「ボールは、プロの1軍の中に入れても引けを取らない」と絶賛。ロッテの井辺スカウトも「ボールに力があり、チェンジアップもストレートと同じ腕の振りで、バッターはタイミングが取りづらい」と評価した。

5球団のスカウトが視察し、中日の石井チーフスカウトは「大学ナンバーワン左腕だろう」と高く評価した。

日本ハム・大渕スカウトディレクターは「直球は速いだけじゃなく力がある。そこにチェンジアップ。松井裕(楽天)みたいなタイプ」と称賛した。


PAGE TOP