150キロ超級右腕、近大・畠世周投手、白鴎大・中塚駿太投手、富士大・小野泰己投手などが登板

中塚駿太, 小野泰己, 畠世周

この日は各大学リーグが続々と開幕し、各地でドラフト候補投手が登板をしている。

150キロ超級右腕

関西学生野球リーグでは近畿大の畠世周投手が先発すると、初回に150キロを記録した速球で三者凡退の立ち上がり、しかし2回には2ベースヒットの後にヒットでライトの好返球で失点はしなかったものの、3回は連打と送りバントの後にタイムリーヒットを浴びて1点を失った。それでもその後はヒットでランナーを許すものの畠投手のスタイルである粘りの投球で、8回まで1失点に抑えた。

それでも8回裏に味方が3点を奪い逆転したあとの9回、先頭打者がエラーで出塁すると2ベースヒットでピンチが広がり、犠牲フライとタイムリーで2点を奪われ同点とされた。畠投手は9回を投げて9安打5奪三振無四球3失点、自責点は1という投球だった。長身から150キロのストレートを投げ、終盤でも140キロ中盤の速球を投げ続けられる力は抜けている。あとはピッチングでもう一つ殻を破るような投球ができれば良いが、それはプロ入り後か。

北東北大学リーグはすでに第3節目となっているが、富士大の152キロ右腕・小野泰己投手が先発すると青森大を10回1失点、12三振を奪う好投を見せた。こちらも春に調子を崩していたが、秋に復活しているようで、この状態が続けばドラフト上位候補に名前が挙がるだろう。

関甲新大学リーグでは白鴎大が初戦を迎え、157キロ右腕の中塚駿太投手が先発した。中塚投手は150キロを超す速球を投げるものの、制球などの課題で長いイニングを投げることができなかったが、この日は5回を投げて無四球に抑える好投を見せたようだ。球速だけでドラフト上位から中位に名前が挙がる事もある投手だけに、もし中塚投手が本格化した場合は、今年のドラフト会議は終盤にきて大激震となるかもしれない。

投手大豊作ドラフトへ

夏の高校野球では予選、甲子園で高校生がクローズアップされ、毎年のことだがそれまで注目されていた大学生よりも高校生の方が評価が上と報道される。そして今年は春のリーグ戦で結果が出せなかった大学生が多かったことや、寺島成輝投手、藤平尚真投手、高橋昂也投手に加え、今井達也投手、堀瑞輝投手などが急成長を見せた事で、一段と高校生が取り上げられた。

しかしもともと実力の高かった大学生投手がここへきて実力を見せ始めている。最終的には高校生、大学生ともに注目投手満載の大豊作ドラフトになる可能性がある。

2016年度-大学生投手のドラフト候補リスト

2016年度-高校生投手のドラフト候補リスト

2016年ドラフト指名予想 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page


PAGE TOP