筑波大・木部拓実投手が153キロ復活投球、社会人からプロ目指す

木部拓実, 筑波大

首都大学リーグの筑波大vs城西大の試合で、筑波大の木部拓実投手が自己最速となる153キロを記録した。プロ志望届は提出せず社会人に進み、将来プロを目指す。

腰椎分離症とヘルニアから復活

木部拓実投手は帝京高校時代に148キロ右腕として注目され、大学でも1年生の春にいきなり152キロを記録しドラフト候補として期待された。しかし2年時より腰椎分離症とヘルニアを発症し、登板期間もあまりなく4年生春も登板できずにラストシーズンを迎えていた。

この日は9回から3番手として昨年10月3日以来、約1年ぶりのマウンドに上ると、自己最速を更新する153キロを記録、3者凡退に抑えて最後の打者は切れ味抜群のカットボールで三振を奪った。木部投手は「思い切って腕を振ることだけ考えた。今日は調子が良かった。自信になりました」と話した。

木部投手はプロ志望届は提出せずに社会人に進む予定。社会人で実績を作って将来のプロ入りを目指す。2年後には大谷翔平藤浪晋太郎世代の大物として注目投手になっているかもしれない。

2016年度-首都大学リーグのドラフト候補リスト

2016年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト

9回から3番手として登板。約1年ぶりのリーグ戦のマウンドで自己最速を1キロ更新し、スタンドを沸かせた。最後の打者は切れ味抜群のカットボールで三振。3者凡退で試合を終わらせた。


PAGE TOP