流通経済大・生田目翼投手、慶大・加藤拓也投手、近大・畠世周投手が登板

加藤拓也, 生田目翼, 畠世周

大学BIG3に続くクラスにいるとみられる流通経済大・生田目翼投手、慶大・加藤拓也投手、近大・畠世周投手などもこの日登板をした。

生田目投手は6回4失点

創価大の田中正義投手と投げ合った流通経済大の生田目翼投手は、この日は7回途中までを投げ、3回に3連打で2失点、6回7回には先頭に四球を与えてから失点し、6回5安打5四死球、2奪三振で4失点という結果に終わった。

「力んで変化球が抜けた。歩幅も合わなかった。」と反省を「先にマウンドを降りたくなかった」と田中正義投手に対しても悔しさを現したが、「打者に向かっていく姿勢は見せられたと思う」と話した。

ドラフト2位までならプロ入り、3位以下だったら社会人の日本通運入りを決めている生田目投手、ドラフト2位までに指名があるかが注目される。

加藤投手は15奪三振

慶応大の加藤拓也投手は立教大戦で先発し、9回を投げて5四死球といつもながら四死球が多く4失点も、15三振を奪う力投を見せて勝利した。5回途中にマメをつぶし、血のにじむ指で投げ続ける。7回までは1失点に抑えたが8回に3失点し6-4と追い上げられた。しかし9回も登板して一人で投げぬいた。

「僕自身、勝つのが仕事。勝てて良かった」と話す加藤投手、1年春にリリーフで登板すると、秋には150キロを記録して先発の一角となり、そこから4年秋までエースとして投げ続けた。3年、4年は年間8勝ずつを挙げ、この日の勝利で24勝12敗とした。

明治大の柳裕也投手が大エースとして投げるが、加藤投手も東京六大学のエースとして競い合った。1試合の球数が多かった、連投、力投など今の時代とは違うような登板をし、4年間を投げ続けた加藤投手は、体力も精神力もすば抜けていると感じる。

畠投手は5回途中1安打6奪三振

関西学生リーグでは近大の畠世周投手が1か月半ぶりの登板を果たした。畠投手は開幕戦に登板をしたものの、右肘痛を発症していた。

この日は4回1/3を投げて1安打6奪三振、制球はまだまだも伸びるストレートは150キロを記録し、決め球にはフォークボールをもってきて三振を奪った。肘をかばっているのかアーム的な感じで投げ、ストレートは高めに浮き、フォークボールも緩いものだった。それでもこれだけのピッチングをできるのは、持っているものがある。

畠投手には9球団から調査書が届き、この日も巨人阪神中日横浜DeNA北海道日本ハムオリックス千葉ロッテの7球団が視察をしている。巨人の渡辺スカウトは「春に比べてだいぶいい。肘も問題なさそう」と話し、千葉ロッテ・下敷領スカウトも「上位候補とされていますから。素材としては素晴らしい」と評価した。ドラフト前に登板できたのは良かったと思う。

畠投手は「果報は寝て待ての気持ちです。前の夜もぐっすり眠れると思う。むしろ、結果が決まってからの方が眠れないと思います」と話して笑った。

2016年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト

2016年ドラフト指名予想 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

この日は巨人、阪神、中日、DeNA、日本ハム、オリックス、ロッテが視察。巨人の渡辺スカウトは「春に比べてだいぶいい。肘も問題なさそう」。ロッテ・下敷領スカウトも「上位候補とされていますから。素材としては素晴らしい」と高評価した。

右手中指にマメができ、9回は血を流しながらの熱投に「僕自身、勝つのが仕事。勝てて良かった」と安どの表情を浮かべた。

すでに9球団から調査書が届き、この日もネット裏では複数球団が視察。ドラフトを迎える気持ちについて、畠は「果報は寝て待て、の気持ちです。前の夜もぐっすり眠れると思う。むしろ、結果が決まってからの方が眠れないと思います」と運命の日に思いをはせた。


PAGE TOP