流通経済大・生田目翼投手は右肩違和感の調整遅れで登板回避

川崎勇太, 流通経済大, 生田目翼

東京新大学リーグの流通経済大vs高千穂大の試合は、ドラフト1位候補の生田目翼投手はベンチ入りもしなかった。右肩違和感による調整遅れで、登板は早くて4月23日の東京国際大戦となる。

生田目投手右肩違和感で登板回避

創価大の田中正義投手も右肩の疲労を2月に訴えて調整が遅れていた。東京新大学リーグのもう一人のドラフト1位候補の生田目翼投手もまた、右肩違和感で調整が遅れているという。普段であればバッティングでもドラフト候補に入ってくるといわれる生田目選手は、野手としてベンチ入りし打線に名を連ねる事もあるが、この日の開幕戦にはベンチ入りもしなかった。

試合は同じ4年生の川崎勇太投手が9回6安打完封、低めに球を集めて完封し3-0で勝利した。生田目投手は「初戦を取ってもらえたのでよかった。とりあえず早くリーグ戦で投げられるようにしたい」と話した。こういう控えで投げている投手が、将来プロで活躍するという事もある。創価大に池田隆英投手がいるように、流経大にも川崎投手がいる。

生田目投手はすでにブルペンで投球はしており、早ければ23日の東京国際大戦で復帰する。少なくともリーグ戦終盤の創価大・田中正義投手との決戦には間に合いそうだ。

昨年は田中投手との投げ合いを制し、リーグ戦制覇をして大学野球選手権でも準優勝に輝いている。

2016年度-東京新大学リーグのドラフト候補リスト

流通経済大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

今秋ドラフト上位候補の155キロ右腕、生田目(なばため)翼投手(4年・水戸工)が、右肩違和感による調整遅れで先発を回避。エース不在の中での開幕星に、中道守監督は「生田目が投げられない分、自覚が出てきた。チームにとってはいい。川崎は一番安定感がある」と、投手陣の底上げに手応えをにじませた。川崎も「生田目だけじゃないところを見せたいのがあった」と、胸を張った。


PAGE TOP