JR東日本・太田龍投手に楽天・巨人・ヤクルト・中日が評価、広島は注文

JR東日本, 太田龍

都市対抗野球では、JR東日本のドラフト1位候補・太田龍投手が先発し、6回途中まで5安打3奪三振1失点という内容を見せた。

制球重視

太田龍投手は最速153キロの速球を投げ、この日も最速は150キロで要所で140キロ後半のストレートを投げた。太田投手は、「真っすぐで押したけど、4回からは変化球を織り交ぜた」と、途中から変化球を多めに投げたと話したが、序盤のストレートもやや動く球だった。「球威を信じてストライクゾーンで勝負できた。調子は悪くなかった。」と話した。5回1/3を投げて5安打3奪三振1失点という内容だった。

この日もプロのスカウトが視察に訪れているが、東北楽天・後関スカウト部長は「低めに丁寧に投げていた。内野ゴロが多いでしょ」と話し、東京ヤクルト・斉藤スカウトも「力みなくリリースが安定している。同じ腕の振りからフォーク、チェンジアップを決め球に使えば打つのは難しい」と評価した。

また、巨人の織田スカウトも「バランスのいいフォームで低めに集めていた」と話すと、中日・米村チーフスカウトは「無四球で投手としての味が出てきた」と話した。

ただし、広島の苑田スカウト統括部長は「きょうはコントロールはいいけど、フィニッシュに力強さが足りない」と注文を付けた。

スカウトの反応は一様で、変化球や制球は評価できるものの、ストレートにはやや不満という所だろう。太田投手はこの春からあまり良い内容を見せられていない感じで、2イニングくらいまではストレートで押して抑え込めるが、制球が乱れているわけではないものの、突然ピンチを迎え、場合によっては失点を重ねる所があった。

太田投手も都市対抗本戦では先発として投げることを考え、ストレートをやや動かしたり、変化球を低めに集める投球を選択したものとみられる。もっと迫力がある投球も期待したが、ここまで投げられれば十分と思う。

190cmから153キロを投げる太田投手の素質は十分だ。まずは都市対抗で勝ち上がってエースとしての力を見せ、課題の克服はプロに入ってからか。

2019年度-社会人投手-右投のドラフト候補リスト
都市対抗野球(2019)の出場チームと注目選手一覧

 スタンドのスカウト陣も制球重視の投球スタイルを評価した。楽天・後関スカウト部長は「低めに丁寧に投げていた。内野ゴロが多いでしょ」と計10個のゴロアウトに着目。ヤクルト・斉藤スカウトは「力みなくリリースが安定している。同じ腕の振りからフォーク、チェンジアップを決め球に使えば打つのは難しい」と話した。
即戦力として見ている広島・苑田スカウト統括部長はあえて1段階高いレベルを求めた。「きょうはコントロールはいいけど、フィニッシュに力強さが足りない」と話した。

この日の最速は150キロで、コーナーを突く投球ではなく「球威を信じてストライクゾーンに投げていくことだけ考えた」。中日・米村チーフスカウトは「無四球で投手としての味が出てきた」と高く評価した。


PAGE TOP