東京ヤクルト・ドラフト6位の渡辺大樹選手と仮契約、福岡ソフトバンク・ドラフト6位の川瀬晃選手と契約、その他の契約選手

中川誠也, 呉屋開斗, 川瀬晃, 渡邉大樹, 鈴木昂平

東京ヤクルトはドラフト6位で指名した専大松戸の渡邉大樹選手と、契約金2500万円、年俸500万円で仮契約をした。抜群の身体能力をプロで開花できるか。

渡辺選手は50m5.9秒の足に加え、思い切りスイングをしたときの鋭い打球は超高校級の選手と評価される。今年の夏は原嵩投手(千葉ロッテドラフト6位)とともに悲願の甲子園出場を果たした。甲子園では初戦で花巻東と対戦、1番遊撃手で出場すると広島がドラフト3位で指名した高橋樹也投手から5打数2安打を記録した。しかし2-4で迎えた9回2アウト1,2塁の場面で空振り三振し最後の打者となり悔し涙を飲んだ。渡辺選手は「長打力を生かして山田選手のような3拍子揃った選手を目指したい。」と話した。

福岡ソフトバンクドラフト6位・川瀬晃選手

福岡ソフトバンクがドラフト6位で指名した大分商の川瀬晃選手と、契約金3000万円、年俸480万円で契約した。投げても142キロを記録する投手だが、遊撃手としてのセンスに注目され、打撃でも鋭いスイングを見せていた。川崎宗則選手を目標に「センス抜群で元気いっぱいのプレーができるようになりたい」と話した。

オリックスドラフト7位・鈴木昂平選手

オリックスはドラフト7位で指名した三菱重工名古屋の鈴木昂平と、契約金2700万円、年俸800万円で仮契約をした。鈴木選手は東海大菅生から東海大へ進み、社会人では遊撃手のスペシャリストとして高い評価を受けている。オリックスは昨年のドラフト7位で指名したJR東日本の西野真弘選手が1年目の今シーズンにケガをするまで打率3割を超す活躍をみせており、鈴木選手にも期待がかかる。

中日育成ドラフト1位・中川誠也投手、育成5位・呉屋開斗投手

中日は育成ドラフト1位で指名した愛知大の中川誠也投手と支度金200万円、年俸300万円で、また育成ドラフト5位で指名した八戸学院光星・呉屋開斗投手と支度金200万円、年俸300万円で仮契約をした。

中川投手は177cmの左腕投手で140キロ前半だが切れの良い速球を投げ、先日の明治神宮大会でも東海地区代表となると、早稲田大に敗れたものの8回3失点と粘りの投球を見せた。呉屋投手も177cmの左腕投手、甲子園でも登板経験がありコントロールと大きな変化球を織り交ぜるピッチングが光る。

2015ドラフト全指名選手 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page


PAGE TOP