室蘭工・田邊正尊投手が四国アイランドリーグの愛媛へ

室蘭工, 田邊正尊

室蘭工の145キロ右腕・田邊正尊選手が四国アイランドリーグのドラフト会議で愛媛に指名された。プロ志望届を出したもののNPBからの指名はなく、独立リーグからNPB入りを目指す。

故障に悩まされ

田邊正尊投手は171cmと小柄だが中学3年春には軟式の全国大会に出場し、室蘭工では1年生の夏から登板をするなど期待されていた。しかし腰痛や右肩痛などに悩まされその後ば思うような投球はできず、3年夏でもエースの座はつかめなかった。

しかし球速は145キロを記録しており、3年夏の鵡川戦では先発をしている。ようやく力を見せはじめた。

プロ志望届を提出したもののNPBからの指名はなく、独立リーグのトライアウトを受験すると、投球練習では15球を投じて捕手のミットを3度はじく球の勢いを見せた。「真っすぐをコーナーに投げて攻めるのがスタイル」と話した。

田邊投手は「レベルの高いリーグで経験を積んで、1年でも早くNPBに行きたい。WBCにも出場したい」と話した。プロのスカウトもあまり見られていないのではないかと思う。愛媛でいきなりすごい球を投げて注目されるかもしれない。

室蘭工業高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2016年高校生プロ志望届提出選手一覧

中学3年春には軟式の全国大会に出場。室蘭工では1年夏から登板したが、腰痛や右肩痛に悩まされ、最後までエースの座はつかめなかった。それでも「高校で結果を残せなかったので、次のステージで頑張りたい」と今後を見据えた。


PAGE TOP