中日が高橋純平投手を回避、即戦力投手指名へ

上原健太, 今永昇太, 多和田真三郎, 岡田明丈, 高橋純平

 中日が今年のドラフト会議で、地元の高校生投手として注目していた高橋純平投手を回避し、大学・社会人の投手を1位指名すると日刊スポーツが報じた。

即戦力投手を優先

 記事では具体的な関係者の話などはないが、即戦力投手を中心とした戦略を立てていることが分かった、と報じている。また大学・社会人投手の候補として、駒大・今永昇太投手、明大・上原健太投手、富士大・多和田真三郎投手、大商大・岡田明丈投手が候補に挙がっている。

 中日は県岐阜商の高橋純平投手を地元のドラフト目玉選手として注目し、中田スカウト部長や担当スカウトもマークを続けている。しかしチームは先発の数が少なく、リリーフにも課題があり最下位を争う状況であり、高校生を育てるよりも即戦力投手を優先せざるを得ないというところだろうか。

 

大学・社会人中心

 中日は2013年の秋に落合氏がGMに就任し、その年のドラフト会議では聖隷クリストファーの鈴木翔太投手を1位指名しているものの、2位以降は大学・社会人投手を指名した。また2014年のドラフト会議では高校生を一人も指名せず、大学・社会人選手9人を指名している。しかし即戦力として期待されたものの、結果を残しているのはドラフト7位の遠藤一星選手くらいとなっている。

 確かにチームの状況を見ると即戦力投手がほしくなる気持ちはあるが、高橋純平投手も即戦力の可能性も十分あり、また昨年の野村亮介投手が活躍できなかったことから大学・社会人にこだわることはないようにも感じる。そういう事からも、大学社会人にこだわるというよりは、競合を回避して確実に狙った選手を獲得したいか、右腕ではなく左腕投手を狙っているかだと思われる。

 狙っている投手を確実に獲得したいという事では、2013年に桂依央利捕手をドラフト3位で、2014年には金子丈投手をドラフト9位で指名している大商大の岡田明丈投手や、同じく大商大出身でパナソニックの近藤大亮投手などが挙げられそうだ。特に岡田投手は今年153キロを記録しまだ成長を続けている選手で、秋のリーグ戦でも素晴らしい投球を見せている。昨年の野村亮介投手とかぶる点もあるが、単独1位指名候補としては十分可能性がある。

 また左腕では駒大・今永翔太投手や明大・上原健太投手が候補に挙げられる。今永投手は春に肩を痛めてリーグ戦で登板はなかったものの、昨年秋は7勝を挙げてMVP、明治神宮大会も制している。中日は仏教大だった大野雄大投手を、他球団が肩の故障を理由に指名を回避したところで単独1位指名し、現在はエースとして活躍を見せている。今永投手も他球団が回避する中で単独1位指名できれば最高の結果になりそうだ。

 明治大の上原健太投手も春に結果を残せず、なかなか球速も上がってこない状況で他球団からあまり名前が挙がらなくなってきている。しかし190cmの長身左腕で最速は150キロ以上も出しており、こちらもねらい目の左腕投手といえる。

 球団としては人気の選手や地元の目玉を逃したくないという事もあるだろうが、落合GMはその点は冷静に見てきそうだ。

中日ドラゴンズのドラフト会議メインページ 

2014年ドラフト会議/指名選手一覧

2015年度投手-右投のドラフト候補リスト・・・高校、大学、社会人すべて

2015年度投手-左投のドラフト候補リスト・・・高校、大学、社会人すべて

地元の逸材である152キロ右腕、県岐阜商・高橋純平投手(3年)を回避し、大学・社会人投手を1位指名する可能性がある。駒大・今永昇太投手(4年=北筑)らが候補。リーグ最下位に沈む竜が、投手王国再建で再び輝きを取り戻す。

 中日が「純平指名」を見送る可能性が出てきた。この日までにドラフト戦略の一端が判明。最優先事項を即戦力投手に設定していることが分かった。1位~3位の上位指名を大学、社会人の投手で占める可能性もあり、そうなれば、競合必至である地元の逸材、県岐阜商・高橋の指名は回避せざる得ない。目の前に転がる「金の卵」を我慢してまで、来季確実に戦力になり得るピッチャーの獲得を目指す。


PAGE TOP