国学院久我山・了海航選手が、2度のけん制で刺すなど6球団スカウトが捕手として高い評価

了海航, 国学院久我山

 高校野球西東京大会ではプロ注目の国学院久我山・了海航選手がけん制で2度ランナーをアウトにするなど捕手としての高い素質を見せた。プロ6球団のスカウトが視察に訪れ高い評価をしている。

プロ6球団に大学関係者など続々

 工学院高校と対戦した国学院久我山、捕手の了海航選手はセカンドまで1.8秒台を記録した事もある強肩捕手で、プロが注目している。

 この日も「いつも見ています。狙っていました」と話すように4回、5回に一塁ランナーをけん制でアウトにした。また打撃でも劣勢だった5回に先頭打者で2ベースヒット放つと、チームも3点を奪い逆転に成功した。

 北海道日本ハムなど6球団が視察し、北海道日本ハムの今成スカウトは「足が良く動く。吸いつくようなキャッチングは天性のもの」と評価、スタンドには法政大や国学院大などの関係者も姿を見せ、チームの要候補として注目していた。

 西東京大会では早稲田実の加藤雅樹選手、日大三の小藤翼捕手、そしてこの了海捕手にプロが注目している。了海選手は捕手としての総合力で、二人よりも先にプロの世界に入るかもしれない。

2015年度-高校生-東京都のドラフト候補リスト

2015年度-高校生捕手のドラフト候補リスト

国学院久我山は5点差を逆転し、工学院大付を破った。2安打を放った4番・了海は、追い込まれた後に打席の立ち位置を後方に下がるなど工夫を見せ「(変化球を)うまく拾えた」と振り返った。

了海2度けん制でアウト 久我山捕手に6球団熱視線 日刊スポーツ紙面 2015/7/16

 


PAGE TOP