プロ注目の147km右腕、三田松聖・松本侑也投手が7回1安打7奪三振

三田松聖, 松本侑也

 高校野球兵庫大会では、プロ注目の147km/h右腕・松本侑也投手が登場し、東灘を相手に7回1安打7奪三振のピッチングを見せた。

3四球と変化球主体ピッチングに反省

 松本侑也投手は182cmの身長から最速147km/hの速球を投げ、プロが注目している。この日は初回に1安打を許したものの2回以降はノーヒットに抑えた。それでも松本投手は、「満足いく投球が出来なかった」と話した。「調子を崩していたので、どんどん打たせていこうと思った」と調子が良くない事を認め、変化球主体で打たせて取るピッチングを見せた。

 大西監督も松本投手のピッチングについて「65点。変化球も交えて良く投球したが、四球があった」と3四球を出した事に厳しい評価をした。

 松本投手は5月の練習試合で履正社、敦賀気比といった強豪と対戦し、松本投手は速球を痛打されたという。それから変化球を交えるスタイルに切り替え好投を見せるものの、少し自信をなくしているようだ。

 この日は広島の鞘師スカウトが視察に訪れているが、147km/h右腕ならばもっと注目されても良いのだが。三田松聖では2013年に中辻神司投手が注目されたが日本大学に進学している。まずはこの夏で自信を取り戻せるか、成長できるか、そしてその後の進路にも注目したい。

三田松聖高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2015年度-高校生-兵庫県のドラフト候補リスト

プロ注目の最速147キロ右腕・松本侑也投手(3年)は、7回1安打で完封。7個の三振を奪ったエースは「満足いく球は少なかったけど、打たせてとることができた。春に比べて成長を感じています」と次戦以降へ手応えを口にした。

ドラフト候補の三田松聖・松本侑也投手(3年)が、初戦で7回1安打7奪三振の好投。広島・鞘師スカウトが視察する中、「調子を崩していたので、どんどん打たせていこうと思った」と変化球主体で凡打の山を築いた。

初回2死から左前打されたが2回以降は無安打投球。それでも「満足いく投球が出来なかった」と険しい表情を見せれば、大西祐監督も「65点。変化球も交えてよく投球したが、四球があった」と3四球を課題とした。


PAGE TOP