早稲田実・加藤雅樹選手、清宮幸太郎選手がホームラン

加藤雅樹, 早稲田実, 清宮幸太郎

 早稲田実業はこの日の東海大甲府戦で、3回に3番・清宮幸太郎選手が今大会1号となるホームランを放つと、続く4番・加藤雅樹選手もホームランを放った。

安定した中軸

 3番・清宮、4番・加藤の安定した主軸はチームの絶大な信頼感を得ている。とにかくこの二人の時にはランナーがいることが多い。この日も3回にランナー一人を置き、清宮選手がライトスタンドにホームランを放つと、続く加藤選手はライトポール方向に、外野手が打球を追わないほど特大のホームランを放った。

 清宮選手は6回にも走者一掃のタイムリー2ベースヒット、8回にも2ベースヒットを放ち4打数3安打5打点の活躍を見せた。

 また4番加藤選手も4打数2安打1打点と好調を維持している。加藤選手は捕手としても4番としても絶対的なリーダーシップを見せ、チームの大黒柱となっている。

 

プロスカウトなど評価

 清宮幸太郎選手について、福岡ソフトバンクの王貞治会長は「1試合ごとによくなっている。斎藤佑樹と同じでね」と話し、清宮選手の成長に注目した。

 また千葉ロッテの松本編成統括は「清宮君の一番遠いところに打った本塁打を見た。モノが違う。柔らかいリストを生かし、コンパクトに打つときと、豪快に振るときとを使い分けている」と話し、同じく千葉ロッテの永野チーフスカウトも「打った瞬間は入らないと思ったけどグーンと伸びる打球。アベレージヒッターのイメージだが体が大きくて力があるから飛距離が出る」と話した。

 インコースをうまくさばき、前の試合では外角の球にも対応した。チームプレーに徹しヒットを狙った打球を打っていたが、この日のホームランでいよいよ本領発揮というところだろう。

 また加藤選手も清宮選手など注目される選手がいる中で主将で4番で捕手として、投手陣、後輩などを引っ張り、甲子園ベスト8まで勝ち進んだ。リーダーシップ面で非常に成長をしている今大会だと思う。二人の将来が本当に楽しみになる。

早稲田実業高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2015年度-高校生捕手のドラフト候補リスト

ロッテ・松本スカウト統括「清宮君の一番遠いところに打った本塁打を見た。モノが違う。柔らかいリストを生かし、コンパクトに打つときと、豪快に振るときとを使い分けている」

早実の大先輩、ソフトバンクの王貞治球団会長は「(テレビで)見ていたよ。凄かったね」と感嘆。「1試合ごとに良くなっている感じがする。(06年の)斎藤佑樹(の時)と同じでね」と話した。現役スラッガーもエールを送った。自身も大阪桐蔭1年夏の甲子園で本塁打を放っている日本ハム・中田は「将来が有望で、日本中が注目している。できる限りの結果を出して、甲子園で暴れてほしい」。そして「そのままプロに来てほしい」と、同じ舞台で相まみえる日を心待ちにした。

高校通算47号は、忘れられない甲子園での初アーチ。清宮と加藤の「早実のKK」にとって、練習試合を含めて初の2者連続アーチとなった。

 楽天などが熱視線を送るプロ注目の捕手。スーパー1年生の入学後は、捕手らしい気配りで、スター扱いされる清宮が部内で孤立しないように努めてきた。

3回、清宮の初アーチ直後の無死走者なしから内角直球を振り抜き高校通算47本目の右越えソロ。「清宮がつくった(球場の)空気を自分の空気と思ってやった。しっかり振り抜けた」と笑顔を見せた。4番ながらここまでつなぎに徹していたため、5月31日以来実に約2カ月半ぶりのアーチとなった。第1回大会出場校として高校野球100年の節目の快進撃に「100年前の先輩ができなかった全国制覇を果たしたい」と力を込めた。


PAGE TOP