二松学舎大付・大江竜聖投手が7回5安打1失点完投、6球団のスカウトが視察

二松学舎大付, 大江竜聖

秋季高校野球東京大会では、二松学舎大付の大江竜聖投手が城東戦で先発すると、7回を5安打11奪三振で1失点に抑え完投勝利を挙げた。

公式戦初ホームランも

大江竜聖投手は1年生の夏の甲子園で登板して注目された左腕投手で、最速144キロの速球を投げ来年の東京のドラフト注目投手に挙げられている。

この日は7回を投げて毎回奪三振となる11個の三振を奪い、また5回には公式戦初となるホームランを放ち、チームも10-1で勝利し準決勝に勝ち上がった。センバツに出場すれば注目投手として名前が挙がる投手なのは間違いない。

この日は6球団のスカウトが視察し、巨人の吉武スカウトは「制球がいい。右打者の内角にしっかり突ける」と評価した。既にプロが注目をしている。

2016年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト

大江4強導く、毎回11K完投 スポーツ報知紙面 2015/10/25

 


PAGE TOP