城東・関根智輝投手が3失点完投、9球団スカウトが視察

城東高, 関根智輝

東東京大会では城東高校が東海大高輪台に4-3で勝利し、準々決勝に進出した。プロ注目の145キロ右腕・関根智輝投手が先発し完投した。

体調不良から

182cm86kgの体があり145キロの速球を投げる関根智輝投手は、今大会の初戦前に胃腸炎で39度越えの熱を出し、15日の初戦にはナインより「お前がいなくても勝つから今日は来なくていい」と自宅療養を指示されていた。

そして17日の安田学園戦では8回1アウトからリリーフ登板し復帰すると、この日の東海大高輪台戦では先発し初回に連打で2失点したがそれでも9回7安打3失点、142キロを記録したストレートで7つの三振を奪って踏ん張り1点差で勝利を手にした。

この日は神宮第2球場で試合が行われ、9球団のスカウトが視察に訪れた。日本ウェルネスや帝京などの注目選手がいたが、メインは関根投手の状態の確認だったとみられる。調子は良くなかったものの先発して完投し、力を見せる事はできた。

準々決勝は帝京と対戦する。

2016年度-高校生-東京都のドラフト候補リスト

2016年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

エースはこの日の最速は142キロで、1週間前に胃腸炎にかかった影響で完調とはいかず、「体が重かった。球が走らず、コントロールが悪かった。今日は味方に助けられた」と反省しきりだった。


PAGE TOP