横浜高・増田珠選手がエンドラン、福永奨選手、村田雄大選手が本塁打

増田珠, 村田雄大, 横浜高, 福永奨

横浜高校は攻撃でも多彩な攻めを見せた。2年生の増田珠選手が鮮やかなバスターエンドランで勝ち越すと、同じく2年生の福永奨選手がホームラン、また3番の村田雄大選手のホームランで今大会12発を放ち、神奈川大会最多本塁打を記録した。

最強チーム

横浜高校は昨年秋から高校野球史上に名を残す最強チームになるかもしれないという声も聞かれた。2年生の増田選手はこの日は4番を打ったが、強い打球も打てればこの日のようなバスターエンドランなど対応力も優れた打撃を見せる。またセンターでも抜群の強肩を持っており、相手チームも先の塁を狙うのをやめるほどその強肩は知れ渡っている。今大会は故障明けだったものの、素晴らしい活躍を見せた。

3番の村田選手は普段は4番を打つことも多いが、鋭く振りぬいた打球は大きな弧を描きスタンドに運ぶ事ができるし、ライナーで痛烈に飛び込むホームランも放つ。普段は筒香選手の900gの木製バットで練習をしており、この日のホームランは逆方向のレフトスタンドに運ぶホームランに、「冬場の練習は間違いなかった。記録だったし、打ちたかった」と話した。この日は3打数3安打、四死球2つで5打席すべてで出塁をし、相手が恐れる強打者となっている。

福永選手は1年生で正捕手のポジションを奪った選手で、強肩とともに強打も見せる。この日は2回にホームランを放ち「たまには僕だって、と思っていました」と話した。これで今大会は12本塁打を記録している。ホームランを打った選手は次の通り。

村田雄大:3本
公家響 :3本
藤平尚真:2本
増田珠 :1本
福永奨 :1本
万波中正:1本
徳田  :1本

どこからでもホームランが出るし、万波選手など驚異の1年生が控えている。今日は強打の慶応と対戦するが、甲子園に出場すれば大会NO.1の打線と注目される事になる。

横浜高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

「冬場の練習は間違いなかった。記録だったし、打ちたかった」と村田。先輩の筒香(現DeNA)から譲り受けた木製バットを使って外野へ向かって打つロングティーで、全選手の飛距離が伸びたという。

1日6食を詰め込み、昨夏から体重が12キロ増の87キロとなった村田は「勝手に打球が飛ぶ。冬のトレーニングのたまもの」と、手応えを口にする。高校通算4号が公式戦初本塁打となった福永は「たまには僕だって…と思っていました」と、胸を張った。


PAGE TOP