中京高・今井順之助選手「プロ一本」

中京高, 今井順之助

高校通算68本塁打を記録し、夏の甲子園注目のスラッガーだった今井順之助選手が、甲子園ではホームラン0本で姿を消した。

プロ一本

中京の今井順之助選手は、初回に1アウト1,3塁の場面で回ってきた第1打席でも、スタンドがわくほどのフルスイングを見せた。しかし追い込まれると外角の球をコンパクトに振りぬき投手強襲のタイムリーヒットとなった。しかし2回に2アウト満塁で回ってきた打席でファーストゴロに倒れるとその後はヒットが無く、常総学院の鈴木昭汰投手に抑え込まれた。

今井選手は1回戦の大分戦で2本の2ベースヒットを記録するなどしたものの、甲子園で打つと決めていたホームランを打つことができずに甲子園を去ることになった。今井選手は「これから野球をやる中で、なくてはならない経験。プロで甲子園に来て、絶対にホームランを打つ。」と話し、進路について改めて「プロ一本です」と話した。

課題もあるものの、それを大きく上回る魅力がある選手で、プロで飛躍する選手ではないかと思う。プロの選択肢は間違いないだろう。プロ球団も長距離を打てる選手はやはり放っておかないだろう。特にDHのあるパリーグでは福岡ソフトバンク東北楽天オリックスなどは高校生の長距離砲を常にマークしている。

プロではポジション的にも外国人選手との戦いになるだろうが、そうなるとやはり打撃のパワー勝負という事になる。大きな体の外国人選手に負けないほどの強烈なパワーを身に着けてほしい。

2016年度-高校生内野手のドラフト候補リスト

第1打席の初球でミートを度外視するような豪快なフルスイングを披露。観衆をどよめかせた。元阪急の茂さん(57)を父に持つ主砲は敗戦にも「これから野球をやる中で、なくてはならない経験。プロで甲子園に来て、絶対にホームランを打つ。(進路は)プロ一本です」と涙はなかった。

2試合でノーアーチも、豪快な空振りで観客をどよめかせる場面もあった。「プロになって甲子園でホームランを打ちます」と元阪急の父・茂さん(57)と同じプロの世界を目指すことを明かした。


PAGE TOP