横浜高・万波中正選手がホームランに5打点でベスト4進出に貢献

万波中正, 横浜高

秋季高校野球神奈川大会では準々決勝が行われ、横浜高校は1年生の4番・万波中正選手のホームランなど5打点の活躍で、新進気鋭の星槎国際湘南に8-6で勝利しベスト4進出を決めた。

1年生4番

4番の万波選手が初回、1アウト2,3塁の場面で2点タイムリーヒットを放つと、5回1アウト1,2塁の場面ではフルカウントからスライダーをたたき、逆方向の右中間スタンドに運んだ。逆方向へのホームランに「11本目ですが逆方向に飛んだのは初めてです。スライダーを狙っていました」と話した。

抜群の素質を持って中学時代から注目され、多くの誘いのなかから横浜高校に進学した万波選手、素質の中で粗さもあり、性格的にもヤンチャな所があったと聞くが、コメントを見ても、バッティングの結果を見てもかなり磨かれているように感じられた。成長をしている。

横浜高校は6回まで8-0とリードしていたが、7回に一気に6点を失い、8回も1アウト1,3塁のピンチとなった。何とか抑えたものの、センバツに出場するためには投手力がカギとなりそうだ。1戦ずつ成長していく選手の中で、信頼して任せられるエースも育ってほしい。

2018年度-高校生のドラフト候補リスト

横浜高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

5回の3ランは、フルカウントからのスライダーを、上からたたき付けて、右中間に運んだもの。万波は「(本塁打は高校通算)11本目ですが、逆方向に飛んだのは初めてです。スライダーを狙っていました。新チームになって、全員が逆方向を意識して練習してきました。練習の成果が出ているんじゃないでしょうか」と振り返った。


PAGE TOP