木更津総合・早川隆久投手に軍配、大阪桐蔭・高山優希投手は145キロも敗退

大阪桐蔭, 早川隆久, 木更津総合, 高山優希

木更津総合と大阪桐蔭、ともに左腕エースを擁し、昨秋の大会で関東地区チャンピオンと近畿地区チャンピオンの対戦は、木更津総合が4-1で勝利をおさめた。

木更津総合がリベンジ

木更津総合は、エース早川隆久投手が先発、初回にプロ注目の大阪桐蔭・吉沢一翔選手にホームランを浴びたものの、その後は粘りの投球を見せ、9回を投げて5安打6奪三振1失点、初戦に多かった四死球も1つのみと、早川投手らしい安定感を見せた。

昨年の明治神宮大会で大阪桐蔭と対戦し高山優希投手と投げ合ったものの、7回途中で4失点して敗戦投手となったが、その時は腰痛に悩まされており、大会後に疲労骨折していたことが分かった。この日はその時に投げ合った高山優希投手に投げ勝ち、そして大阪桐蔭を倒して会心の勝利となった。

制球力があり安定感抜群の早川投手、阪神の平塚スカウトは「スライダーの制球、直球のキレがいい。テンポもいい。夏までにどれだけ伸びるか楽しみ」と話した。今大会の主役となった早川投手は、まずはセンバツ優勝を狙う。

145キロも高山投手4失点

一方、高山優希投手は角度のあるストレートと大きなカーブを織り交ぜる投球で1回、2回を抑える。しかし3回にヒットや四球でピンチを迎えると、木更津総合の2番から5番までに4連打を浴びて4失点した。その後4回から7回まではノーヒットに抑え、最速も145キロを記録するなど意地を見せたが、同じ左腕に投げ負ける悔しい1敗となった。

「今大会を通して調子が良くなかった」と話す高山投手、大会直前に腰痛に襲われ、それを抱えながらの投球となっていたようだ。くしくも明治神宮大会での早川投手と同じ状況で投げており、勝敗も逆になった。

150キロの投球は片鱗を見せたものの、お預けとなった。しかし強い速球とカーブは十分魅力的なものだった。「悔しさしかない。夏にすべてをぶつけたい」と話す高山投手、まずは腰痛を治して欲しい。

木更津総合高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

大阪桐蔭高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2016年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト

2016センバツ高校野球、組合せと注目選手一覧 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

一回、スライダーが高めに浮き、3番・吉沢に被弾。だが、これで力みが取れた。二回以降は直球とカーブで緩急をつけ、チェンジアップは低めに制球。相手の最速150キロ左腕・高山が7回4失点で降板する一方で、最速は139キロながら強力打線に的を絞らせず、9回5安打1失点と好投した。

初回にいきなり被弾。これがプラスに働いた。「気を引き締められた」と、とにかく低くという意識を集中。球威が増した直球で押し、低めのカーブ、チェンジアップを振らせた。結局、5安打1失点で堂々の完投だ。

投げられない状態ではなかったが、無意識に体がセーブしたことで今大会の最速は145キロにとどまった。


PAGE TOP