中京学院大・吉川尚輝選手が4安打1打点1盗塁、阪神・和田SAや東北楽天副会長補佐が視察

中京学院大, 吉川尚輝

東海地区大学リーグが開幕し、ドラフト1位候補の中京学院大・吉川尚輝選手が4安打を記録した。この試合には阪神の和田SAや、東北楽天の星野副会長の補佐役である早川実副会長補佐が視察をした。

3番遊撃手で4安打1打点

ドラフト1位候補の吉川尚輝選手はこの日3番遊撃手で出場すると、初回にレフト前にヒットを放ち、第2打席と第4打席、第5打席にはセンター前に4安打を放った。第4打席のヒット後には盗塁を決め、50m5.7秒の足を見せると、第5打席では1打点も挙げている。

昨年秋は打率.259と低迷したが、今年は「センターから逆方向に低く速い打球を打つこと」をテーマに取り組み、この日の打撃につながっている。

阪神、楽天が絶賛

この活躍に阪神の和田SAや東北楽天の早川副会長補佐も絶賛した。早川氏は「スローイングの手首の使い方が柔らかい。バッティングも柔らかいしセンスを感じると話すと、和田SAも3回の守備のプレーを評価し「バットコントロールがいいし打球への反応もいい。持って生まれたゲーム勘、雰囲気がある。雰囲気がある。いいものをみせてもらった」と絶賛した。

ドラフト1位指名は堅いと言われる吉川選手、阪神は昨年のドラフトで高山俊選手を獲得して1番に据えすでに活躍を見せている。次の補強ポイントはポスト鳥谷である遊撃手で、吉川選手は補強ポイントからも絶好の選手といえる。今は1番を打つ高山選手だが、吉川選手が加われば1番吉川、3番高山という打線になりそうで、横田選手も含めて打線がさらに強化される。

ただし2年連続で野手のドラフト1位指名でいくか、田中正義投手など今年は投手の補強でいくか、金本監督の最終判断にかかっている。

東北楽天も昨年はオコエ瑠偉選手、吉持亮汰選手、茂木栄五郎選手を指名しており、特に遊撃手では吉持選手や茂木選手が入った。今年は投手の補強の可能性が高いが、吉持、吉川の二遊間にサード茂木という将来像も描けそうで、投手の獲得ができなかった場合には吉川選手の指名も十分考えられる。

2016年度-大学生内野手のドラフト候補リスト

2016年ドラフト指名予想 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

今秋ドラフト上位候補・吉川、打よし!!走よし!!守よし!! 中日スポーツ紙面 2016/4/3

 


PAGE TOP