東京六大学、1年生ベンチ入り選手

東京六大学リーグが今日開幕する。六大学で1年生で開幕ベンチ入りしたのは9名。

ルーキー9人がベンチ入り

ルーキーで開幕ベンチ入りをしたのは、

早稲田大・加藤雅樹捕手(早稲田実)
明治大・森下暢仁投手(大分商)
慶応大・高橋佑樹投手(川越東)、郡司裕也(仙台育英)、柳町達(慶応)
立教大・江口奨理投手(浦和学院)、田中誠也投手(大阪桐蔭)
法政大・福田光輝選手(大阪桐蔭)、船曳海選手(天理)

侍ジャパンU18代表で活躍した森下投手と船曳選手がベンチ入りし、早稲田実で清宮幸太郎選手の後の4番を打った加藤選手も順調にベンチ入りを果たした。

 

今年のドラフト注目選手は?

今年のドラフト候補では慶大・加藤拓也投手と明大・柳裕也投手はドラフト上位で間違いなく指名される投手で、ドラフト1位での指名となるかどうか。また早稲田大の石井一成選手は遊撃手の候補として上位で指名される可能性がある。立教大の佐藤拓也選手も抜群のセンスがあり、左打ちの外野手で上位には入りにくいかもしれないが、押さえておきたい選手だと思う。

 

また、このシーズンで注目したいのは、明大の154キロ右腕・星知弥投手がしっかり抑えられる投球を見せれば、3位前後まで指名順位を上げるかもしれない。立大エースの沢田圭佑投手は体が太くなっており、昨年くらいから疲労も見え始めている。この春に1,2年時の活きの良い投球を取り戻せるか。また報徳学園で注目された田村伊知郎投手も、このシーズンでスカウトの目を惹く投球ができるか。

その他では、早大・中澤彰大選手の俊足、慶大・山口翔大選手、山本瑛太選手の長打力、立大・田中和基選手の身体能力などに注目されるほか、高校時に評価の高かった法大・金子凌也選手、明大・中道勝士捕手、萩原英之選手、小林恵大選手の成長にも期待したい。

2016年度-東京六大学リーグのドラフト候補リスト


PAGE TOP