国学院大・久保田昌也選手が本塁打、日大はV消滅で注目の京田陽太選手は?

久保田昌也, 京田陽太, 国学院大, 日本大

東都大学リーグは国学院大の久保田昌也選手が特大のホームランを放ち勝利に貢献した。また日大は東洋大に敗れ、優勝の可能性が無くなった。

不振からの1発

国学院大の鳥山監督は、主将で3番を打つ久保田昌也選手について、「彼が引っ張るチーム。」と言い続けた。久保田選手も強いプロへの思いを胸に今シーズンに挑んだものの、絶不調の状態になっていた。しかしこの日は6回に、バックスクリーン右に特大の3ランホームランを放り込み、「やっと打てた」と安堵の表情を浮かべた。鳥山監督も「苦しんだけれど、主力で効果的に点を取れてよかった」と話した。

久保田選手は今季は今のところ打率.167でホームランは1本、成績的にドラフト会議で指名されるには厳しい状況となった。チームを背負って引っ張るリーダーシップもあるが、昨年の畔上翔選手と同じような立場にあり、その畔上選手は指名漏れとなっている。これからの試合で巻き返しをしてほしい。

一方、中央大はこれで6連敗となり1部存続の危機となっている。専修大、日大とのカードが残されている。

日大V消滅

また日大は東洋大に4-10で敗れて勝ち点を落とした。これで日大の今季の優勝の可能性は消えた。プロのスカウトが連日注目する京田陽太選手は、この日はレフト線に2ベースヒットを打ったものの5打数1安打に終わった。主将でもある京田選手は「もう一回立て直して秋につながる試合ができれば」と話した。

日大は2勝6敗で勝ち点は0、最下位の中央大は6連敗をしているが、直接対決で勝ち点を失うと最下位に沈んでしまう。1部残留をかけた厳しい戦いが続く。

また京田選手は現在の打率は.290で、そこそこという成績になっている。大学屈指の遊撃手という事で大学代表候補合宿には呼ばれると思うが、選出されるかどうかは微妙な状況。ただし有力とみられる中央の大学では早稲田大の石井一成選手も不調で、遊撃手の候補としては中京学院大の吉川尚輝選手が最有力、京田選手も足などを評価され代表入りするかもしれない。

2016年度-大学生外野手のドラフト候補リスト

2016年度-大学生内野手のドラフト候補リスト

ドラフト候補の国学院大主将・久保田が1点リードの6回、バックスクリーンへ今季1号の3ラン。不振が続いただけに「やっと打てた」と喜んだ。

今秋ドラフト上位候補・京田陽太内野手(4年・青森山田)は、六回に左翼線二塁打を放ち、追撃ムードを盛り上げたが力及ばず。「自分がよくてもチームが勝たないと。もう一回立て直して、秋につながる試合ができれば」と、主将として懸命に前を向いた。


PAGE TOP