横浜DeNAがスカウト会議、ドラフト1位指名は今永昇太投手、高橋純平投手、小笠原慎之介投手

今永昇太, 小笠原慎之介, 高橋純平

横浜DeNAがスカウト会議を開き、ドラフト1位指名は「即戦力投手」になることを明らかにした。

一人には絞られず

横浜DeNAは中畑監督が辞任したものの、チームに左腕の先発がいなかったことから駒澤大の今永昇太投手には昨年秋から注目をしていた。故障明けの今シーズンも、吉田スカウト部長などがマークを続け「俺は信じている」と想いを話している。

この日の会議後に高田GMは「将来性を考えて高校生にいきたいが、そうはいかないところがある。現状としては即戦力の投手になると思う」と話し、今永昇太投手の指名の可能性が高まったとみられた。

しかし、高田GMは続けて「高校生だから即戦力ではないとは言えない。1年目から1軍で活躍できる選手に行く」と話し、「小笠原と高橋は1年目から戦力になってくれると評価している」と、県岐阜商の高橋純平投手、東海大相模の小笠原慎之介投手の名前を挙げた。

高田GMは「うちは競合を避けていない。一番評価する人にいっている」と話し、中日北海道日本ハムが1位指名有力の高橋純平投手の可能性を示唆した。もともとは左腕投手がいなかったものの、シーズン後半に砂田毅樹投手、石田健大投手がローテーションに入り、逆に右投手が不調だったことから、右の即戦力も十分感がられ、高橋投手の評価が上がっていた。

また、「力が同じなら地元を優先する事に間違いない」と話し、小笠原投手の可能性も示唆した。

結局、今永投手、高橋投手、小笠原投手の3人を1位指名有力とし、ドラフト会議直前に1位指名を決めることになる。

 

内野手、捕手をリストアップ、育成ドラフトでも指名

また、この日は上位候補をビデオで確認したほか、補強ポイントの内野手、捕手をリストアップしたとのこと。内野手では九州国際大付の山本武白志選手、大商大・吉持亮汰選手、慶応大の横尾俊建選手、亜細亜大の藤岡裕大選手などが候補に挙がっており、捕手では地元・日大藤沢の下地滉太選手や静岡の堀内謙伍選手、健大高崎の柘植世那選手、また高田GMの後輩で明治大の坂本誠志郎選手なども経験を評価されて指名があるかもしれない。

また育成ドラフトでも数人を指名、砂田投手や万谷康平投手など、育成ドラフトから早い段階で1軍でプレーしている実績がある事から、今年も素質の高い投手や捕手を中心に指名していくものとみられる。

横浜ベイスターズのドラフト会議メインページ | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

2015年度-高校生投手のドラフト候補リスト

2015年度-大学生投手のドラフト候補リスト

 今季は2桁投手が不在で、本来なら完成された大学、社会人の即戦力がほしいところ。しかし、高田GMは「高校生は2、3年かかるけど、小笠原、高橋が即戦力なのは間違いない。今年は(西武・高橋光ら)高校生でも1年目から戦力になっている選手もいる」と評価した。

 特に小笠原は、神奈川県出身で、チームに少ない左腕というのも魅力。「力が同じという評価なら、地元の選手を優先的に行く」と口にした。

 目玉選手となれば競合は必至。それでも高田GMは「一本釣りという戦略もあるだろうが、うちは今まで競合を避けていない。一番ほしい人、評価した人に行っている」と競合覚悟で即戦力獲りに動く。

 

東海大相模小笠原1位有力 デイリースポーツ紙面 2015/10/16

DeNA,駒大今永1位最有力 スポーツ報知紙面 2015/10/16


PAGE TOP