履正社・寺島成輝投手、「今後はわかりません」もプロへ

寺島成輝, 履正社高

履正社は先発したプロ注目の山口裕次郎投手が初回に2点を失い、2回も1アウト1,2塁となったところで寺島成輝投手がマウンドに上った。しかし140キロ前後の速球を打たれてこの回3失点した。4-7で敗れた試合後、進路についても答えている。

5者連続奪三振も

前の試合で破った横浜高のエース・藤平尚真投手と同じような形になってしまった。先発したのは2番手の山口投手だったが初回から常総打線に攻略されてしまう。寺島投手は藤平投手のように外野手などで出場はしておらず、1回からブルペンで肩を作り始めた。そして2回1アウトの場面で登板をする。肩を作っていたとはいえ、想定よりも早い登板だった。「まだつくり始めの状態」だったと話したが、「それは言い訳にはなりません。自分が抑えて流れを呼びたかった」と悔やんだ。

5回には常総得意のバント攻撃で、バントの処理でエラーをした後、フィルダースチョイスでさらにピンチを広げ、2失点して試合をほぼ決められた。しかし6回から8回まで5者連続三振を奪うなど意地も見せた。7回2/3を投げて4安打7奪三振2四死球で3失点、ようやく出場できた甲子園での寺島投手の夏が終わった。

プロへ

この試合にもスカウトが視察し、巨人の益田スカウトは「一候補であることに変わりはない」と話すと、千葉ロッテの永野チーフスカウトも「カットボールをうまくコントロールできるようになって、真っすぐが生きるようになった。柔らかさは違うが、高校時代のダルビッシュのようなテクニックがある」と評価し、「左が欲しい球団は最初に取りに行くと思う」と話し、左腕NO.1の評価を示した。

この日の試合後に進路について聞かれ、「まだ今はわからない。」と話しプロ志望の明言は避けた。しかし1年時よりプロを目指して練習してきた。「いつかまたこういう雰囲気の中で野球ができたら」と寺島投手は話した。

甲子園出場という実績を残し、寺島投手は堂々とドラフト1位でプロ入りする事になる。

2016年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト

履正社高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

初回から投球練習を開始していたものの「まだ(肩を)つくり始めの状態」。それでも「それは言い訳にはなりません。自分が抑えて流れを呼びたかった」と唇をかんだ。

「甲子園はいつもの力以上のものを出させてもらえる場所。今まで味わったことのない歓声を浴びて、楽しい場所でした。高校野球独特の雰囲気があって、いつかそういう雰囲気の中で野球ができたら」

5回にも、自身のバント処理の失策と野選をきっかけに2失点したが、そこから「BIG3」の意地を見せた。6回2死から5者連続三振を奪うなど、7回2/3で7奪三振。打撃では2回の追撃適時打を含む3安打を放った。視察した巨人・益田スカウトは「1位候補であることには変わりない」と話し、ロッテの永野チーフスカウトも「左が欲しい球団は最初に取りにいくと思う」と評価の高さは変わらなかった。


PAGE TOP