大塚高校・村林一輝投手は、内野手としてプロ志望表明

大塚高, 村林一輝

 大塚高校の141km/hエース・村林一輝投手が、延長12回に力尽き、最後の夏を終えた。先の事は考えられないと話したものの、内野手としてプロ志望をする。

抜群の身体能力

 村林一輝選手は高校1年時は3番ショートとしてプレーし、3年となってからは141km/hを投げる投手としても登板、4番投手としてチームを引っ張っていた。

 この日は大商大高校と対戦し、延長12回1-1と粘りの投球を見せたが、足がつるアクシデントなどがあり延長12回に4安打で2失点し敗れた。試合後に村林選手は「今は先の事は考えられません。」と話したが、内野手としてプロが注目しており、プロ志望届けを提出する予定。

 これで村林選手の高校野球が終わったが、プロがどんな評価をしているのか、ドラフト会議で結果が出る。

2015年度-高校生-大阪府のドラフト候補リスト

2015年度-高校生内野手のドラフト候補リスト

延長12回力尽く、プロ注目村林涙 デイリースポーツ紙面 2015/7/20

 


PAGE TOP