オコエ瑠偉選手を阪神、横浜DeNA、千葉ロッテが絶賛

オコエ瑠偉

 U18ワールドカップのアメリカ戦は3-0で侍ジャパンが勝利した。オコエ瑠偉選手は5回、一塁への内野安打で打点を挙げるとともに出塁すると2塁に進むと、けん制に誘われて挟殺プレーとなったものの、自慢の足とスライディングで3点目のホームに滑り込んだ。

抜群の足

 オコエ瑠偉選手はこの日は4打数2安打1打点、5回は一塁への内野安打だったが、オコエ選手と同じくらいの走力を持つセカンドランナーの船曳海選手が一気にホームインし打点を挙げた。そのプレーに触発されはわけではないだろうが、けん制からのプレーで一気にホームインし、二人の足でアメリカから2点を奪った。

 このプレーに、視察しているプロ球団幹部クラスから絶賛の声が挙がる。

阪神・佐野統括スカウト:「足と肩は甲子園の時から素晴らしい。あd劇も見るたびに成長している」

横浜DeNA:「体が大きくて足が速い選手はなかなかいない。魅力がある」

千葉ロッテ・松本編成統括:「積極性プラス状況判断ができる。高度なテクニック、実戦向き」

 試合のたびに何かを見せてくれるオコエ瑠偉選手は、打撃に大きな課題を持ち、本来ならばドラフト1位で獲りに行くというと評価が分かれる選手かもしれない。しかし、悪い評価をかき消すほどのプレーを見せる。プロ野球選手に必要な惹きつける力がある。

 東東京大会でセンター前ヒットでセカンドを奪う無謀ともいえる走塁でスカウトにアピールし、つかみ取った甲子園の舞台で活躍したことで侍ジャパンU18につながり、そしてその舞台でも輝くプレーをみせて、ドラフト1位候補の人気と評価を短期間でつかみ取った。しかも課題の打撃も0からの状態でいろいろなものを短期間で吸収している雰囲気もある。その成長性も非常に評価できる。

2015年度-高校生外野手のドラフト候補リスト

2015年度-特Aランクのドラフト候補リスト

五回、2点を先制しなおも2死一、二塁の場面。投手バトラーのボーク気味のけん制に引っかかった。二、三塁間に挟まれたが、三塁手から二塁への送球が悪送球になった。ボールが右翼を転々とする間にホームを陥れた。米国のチッキーニ監督は「素晴らしい選手。あれだけ走れるし、メジャーでやれる」と舌を巻いた。

 視察したダイヤモンドバックスの林環太平洋統括部長も「積極性がすごい。身体能力は向こう(米国)の選手に負けない」とうなった。

5回に1点を先制し、なお2死二塁。一塁方向へ叩きつけると、ベースカバーに入った相手投手と競走した末に50メートル5秒96の俊足を飛ばしてセーフに。二塁走者・船曳が一気に生還し、適時内野安打で2点目を奪った。

 さらに二盗を決める。そして2死一、二塁からけん制に誘い出されたが、三塁手が二塁へ悪送球。右翼手がボールをこぼした隙を逃さず、一気に生還。米国代表のグレン・チッキーニ監督は「彼はメジャーでも十分やれる走力を持っている」と絶賛した。


PAGE TOP