大阪桐蔭・香川麗爾投手が成長、学法福島・佐藤巧麻投手はフォームに苦しむ

佐藤巧麻, 大阪桐蔭, 学法福島, 香川麗爾

春季高校野球大阪大会、準決勝の大阪桐蔭vs関大北陽の試合では大阪桐蔭の2年生・香川麗爾投手が成長の投球を見せ、7回1アウトまでノーヒットノーラン投球を見せた。

期待の右腕

香川麗爾投手は173cmと身長は高くないが、140キロを記録する速球を投げ、昨年夏は1年生ながらベンチ入りをするなど期待の選手。50m6.2秒の足もあり、打撃センスも評価されている。

この日は強豪の関大北陽の試合で先発を任されると、昨年より増した速球のキレと球威で7回1アウトまでノーヒットノーランピッチングを見せた。しかしヒットを許すと連打のあとに押し出し四球で1失点と、まだ実戦経験の足りなさも見せたが、9回を投げ切って1失点完投勝利、今後大きく飛躍していきそうな投手だ。

大阪桐蔭は1年生に146キロを記録する根尾昴投手や、187cm左腕の横川凱投手が入学した。昨年エースでセンバツで不調だった高山優希投手もベンチ入りしていないようで、エースの座だけでなく、ベンチ入りするのも大変な競争が繰り広げられている。

フォーム固まらず

春季福島大会では学法石川が安積に6-3で勝利した。プロ注目の142キロ右腕・佐藤巧麻投手は、「目指していたフォームになりきれてない。」と話し、フォームが固まっておらず、練習試合でも打ち込まれるなど不調の状態が続く。今大会は背番号3となり臨んだが、この日も3回を投げて4安打3失点2奪三振で降板と結果を出せなかった。

それでも腕を振って体重が乗った球は球威があり、魅力のある投手だと思う。そしてこの日は8回1アウト満塁の場面でスクイズをしたとき、2塁ランナーだった佐藤選手は「相手捕手が本塁から離れているのが見えた」と話し、セカンドから一気にホームインする走塁を見せた。

野球センスを持っている選手で、今後も追っていきたい投手。

2017年度-高校生のドラフト候補リスト

2016年度-高校生-大阪府のドラフト候補リスト

2016年度-高校生-福島県のドラフト候補リスト

大会前の練習試合で打ち込まれて今大会は背番号3で先発。球が高めに抜けて、3回4被安打3失点でわずか2奪三振だった。


PAGE TOP