NTT西日本、浜崎浩大投手と横浜DeNAドラフト4位の戸柱恭孝捕手のバッテリーで完封

NTT東日本, 戸柱恭孝, 浜崎浩大

社会人野球日本選手権、NTT西日本は4年目の浜崎浩大投手と、横浜DeNAがドラフト4位で指名した戸柱恭孝捕手のバッテリーで完封勝利を挙げた。

4安打8奪三振完封

NTT西日本は東日本国際大でエースとして活躍し、NTT西日本に進んで4年目となった浜崎浩大投手が先発すると、前田監督が「安定感があった」と話すピッチングで、9回4安打8奪三振で完封した。

4年目だが日本選手権ではこれが初登板、「3年間結果を残していないので一年を通して結果を出し、恩返ししたい」と話した。最速148キロを記録する浜崎投手、来年は大学卒の5年目だがまだプロ入りのチャンスがある投手だと思う。

そしてその浜崎投手にプロを意識させたのが入社3年目となる戸柱恭孝捕手になる。戸柱投手は大学時代、そして社会人2年目の昨年もドラフト候補として名前が挙がったが、今年、横浜DeNAにドラフト4位で指名された。今大会では初戦は大城卓三選手がマスクをかぶり、ベテランとなったエースの吉元一彦投手を好リードして四国銀行を完封したが、この日は戸柱選手がマスクをかぶり2試合連続完封となった。

プロに飛び立つ戸柱選手を見て、浜崎投手も、大城選手も、そしてほかの選手もプロへの距離が近くなった感じもしただろう。投手、捕手が充実したNTT西日本は今大会、そして来年以降楽しみなチームとなる。

NTT西日本のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

先発した右腕・浜崎は入社4年目で日本選手権初登板し、4安打8奪三振で完封勝利。「3年間結果を残していないので一年を通して結果を出し、恩返ししたい」と力を込め、前田克也監督は「安定感があった」と称えた。


PAGE TOP