巨人ドラフト4位、ヤマハ・池田駿投手は4回2失点、PL出身の前野幹博選手がホームラン

ヤマハ, 前野幹博, 池田駿

東京ガスに勝利したヤマハは、巨人がドラフト4位で指名した池田駿投手が4回5安打2失点で降板も、PL学園出身の前野幹博選手の2ランホームランなどで大勝した。

池田投手は4回5安打2失点

ドラフトで指名された投手同士の先発となったこの日、東京ガスの山岡泰輔投手は2回途中で降板したが、巨人のドラフト4位、ヤマハの池田駿投手も3回に2失点し、4回5安打2失点で降板した。

最速148キロの池田投手だがこの日は140キロが止まり、大体140キロ前半の速球と変化球で抑えていく投手だ。この日も左のスリークォーターから投げる鋭い変化球で、特に左バッターには結果を残した。「左打者の外のボールは自分の生命戦。そこはしっかり投げ切ることができた」と話した。そして「自分では中継ぎの方が向いているかなと思う」と話し、プロではリリーフの左腕として登板するイメージをしていた。

PL出身

またこの日はヤマハの7番サードで出場した前野選手が、2回に先制の2ランホームランを放つなど、4打数2安打2打点の活躍を見せた。山岡投手からの一発だったが、山岡投手とは同学年だった。

PL学園出身で高校時代も投打に注目されたが、東京ガスには同じくPL学園出身で今年のドラフトでも候補に名前の挙がった中山悠輝選手が5番ショートで出場していた。中山選手は3打数ノーヒット1四死球だった。

同学年でドラフト1位指名された投手からホームランを放ち、PL学園のチームメイトに力を見せ、来年はドラフト候補としての活躍が期待される。

尚、ヤマハの来年のドラフト1位候補・鈴木博志投手は登板はなかった。

ヤマハのドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2016ドラフト指名選手 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

持ち味のフルスイングで、ヤマハ・前野が社会人No・1投手を沈めた。2回無死二塁。東京ガス・山岡のスライダーを右翼席へ先制そして決勝の2ラン。この回一挙6得点を呼び込んだ一打を「感触は良かったけど本塁打になるかは分からなかった。(空振りした)直前のスライダーより甘く入ってきたので。たまたまです」と振り返った。


PAGE TOP