大商大・岡田明丈投手に4球団スカウト視察、150キロ直球で8回1失点

大商大, 岡田明丈

大商大のドラフト1位候補・岡田明丈投手が、この日も神院大を相手に8回を投げて1失点に抑えて勝利した。この日は4球団のスカウトが視察に訪れている。

絶対に負けられない試合

この日は勝てば龍谷大と並んで勝ち点2となる試合で岡田投手は「絶対に負けられない試合。思いきり腕を振っていった」と話し、最速150キロの速球とフォークボールで8回を投げて2安打8奪三振1失点、自責点は0の好投を見せ、チームの勝利に貢献した。

この日は阪神巨人北海道日本ハムなど4球団のスカウトが視察に訪れ、北海道日本ハムの芝草スカウトは「プロでもまず打てないコースに投げられる」と話し、ピッチングの精度の高さを評価した。

大学生投手の上位候補の中で、今年1年間で最も実績を残し、最も評価を上げているのがこの岡田投手だろう。大学野球選手権でベスト8、その後、関西5リーグオールスターなどでも好投を見せ、秋のリーグ戦もエースとして抜群の投球を見せている。

プロ球団も甲子園熱で小笠原慎之介投手やオコエ瑠偉選手や平沢大河選手などに目が行ったものの、チームの現実的な状況から最終的には即戦力投手の1位指名となる球団が多いとみられる。そして大学、社会人の投手の中で、安心して指名できるのは岡田投手くらいだろう。今年1年を投げ続けているため肩の疲れなどは心配ではあるが、ドラフト直前でさらに評価は上がってくるかもしれない。

2015年度-大学生投手のドラフト候補リスト

岡田は「絶対に負けられない試合。思いきり腕を振っていった」と最速150キロの直球を軸に8回1失点と力投した。


PAGE TOP