仙台大・熊原健人投手に5球団スカウト視察、巨人スカウトがドラフト1位評価

仙台大, 熊原健人

仙台六大学では3強の仙台大と東北学院大が対戦した。東北学院大の本田圭佑投手が登板しなかったため、ドラフト注目選手同士の投げ合いはならなかったが、仙台大のドラフト1位候補・熊原健人投手が7安打12奪三振で完投勝利を挙げた。

152キロ

熊原投手はこの日、7安打を浴びて1失点を喫した。しかし152キロを記録した速球をインコースに投げ、外角に変化球を沈めて12個の三振を奪う力投を見せた。136球の熱投に「ピンチの時にも気持ちを切り替えて投げられた。自分の仕事ができてよかった」と話した。

プロ注目投手同士の投げ合いにはならなかったものの、この日は巨人など5球団のスカウトが視察し、巨人・榑松スカウトは「勝負所でいい球を投げられるし、好不調の波がない。うちがどうこうではなく、間違いなく1位でしょう」と話した。

今年のドラフト会議のドラフト1位は高校生野手の台頭もありまだ流動的だが、外れ1位までには確実に消えるとみられる熊原投手、強い速球をプロで見せる日は近い。

2015年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト

スタンドからはプロ5球団のスカウトが熱視線。巨人・榑松スカウトは「勝負所でいい球を投げられるし、好不調の波がない。うちがどうこうではなく、間違いなく(ドラフト)1位でしょう」と話した。


PAGE TOP