古川学園の153キロ右腕・今野一成投手が仙台大へ進学

2027年ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

プロ志望届を提出したもの指名漏れとなった古川学園の153キロ右腕・今野一成投手が、仙台大へと進学する。

スポンサーリンク

悔しい思いを忘れず

今野一成投手は168cmと大きくないが、この夏に153キロを記録し、宮城大会ベスト8まで勝ち上がる投球を見せて注目された。プロ志望届を提出して指名を待ったものの、ドラフト会議では名前は呼ばれなかった。

プロ志望届を提出したことについて、「今の自分の立ち位置を知るためにも挑戦してみたかった」と話し、「悔しさもあるし、けじめをつけられたような気持ちもありました」と考えていたという。

地元の強豪・仙台大に進学する。「高校野球は気持ちで押せる部分もあったけれど、大学野球は技術と技術のぶつかり合い」と話すと、まずは「悔しい思いを忘れず、全国からきた強い選手たちに負けじと頑張っていきたい」と、全国から集まってくる仙台大で投手陣の競争に勝っていくことを誓った。

宇田川投手などがプロ野球で活躍をしている仙台大、古川投手も4年後に注目の投手となっていたい。

【2023ドラフト会議】指名漏れとなった注目選手
2023年のドラフト会議で指名漏れとなった注目選手です。
【高校野球】夏の宮城県大会8強の古川学園エース今野一成が仙台大に合格…ドラフト指名漏れ「悔しい思いを忘れず」4年後プロ再挑戦 : スポーツ報知
 今夏の高校野球宮城大会8強入りの古川学園でエースを務めた今野一成(3年)が仙台六大学・仙台大に合格したことが1日、分かった。ドラフト会議で指名漏れした悔しさをバネに地元の強豪校で鍛え抜き、4年後のプ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント