阪神、仙台育英・平沢大河選手を外れ1位候補筆頭に

仙台育英, 平沢大河

 阪神は仙台育英の遊撃手で侍ジャパンU18代表でもプレーをしている平沢大河選手を、ドラフトの外れ1位候補筆頭に挙げていることが分かった。

野手ではNO.1

 阪神は昨年より仙台育英の平沢大河選手を高く評価しており、ポスト鳥谷の候補として注目を続けてきた。春から夏にかけて打撃不振もあったものの甲子園では3本のホームランを放ってチームを準優勝に導き、また高い運動神経から守備範囲が広く一塁に強い送球ができる守備もできる。

 その平沢選手を阪神はドラフト2位で狙っていたとみられるが、球団幹部は「野手ではNO.1だろう。外れ1位という可能性はあるかもしれない。それぐらいでないと消えてしまうかもしれない」と話す。現在は首位を争っており、ドラフト2位指名は最後の方になる可能性がある。そうなると2位で阪神の指名順までに平沢選手が残っている可能性は低いものとみられる。

 

ポスト鳥谷

 阪神のショートは12年間にわたり鳥谷選手が一人で守っている。守備も打撃も抜群の貢献度で外れない選手ではあるが、その分、控えの遊撃手が試合に出場できず、育っていない状況になっている。そうした中で昨年鳥谷選手がメジャー移籍を志望した際には、北條史也選手などの名前が挙がったものの、ショートを一人で任せるにはまだ力不足という感じだった。

 球団幹部は「鳥谷の後というのを育てておかないといけないからね。」と話し、ベテランとなった鳥谷選手がすべての試合を守れなくなる時に備え、遊撃手の候補は常に準備しておかなければならない。ただしポスト鳥谷という守備でも打撃でも大きな役割を担うには、かなりの選手でなければならい。

 

投手優先も

 阪神は左腕の東海大相模・小笠原慎之介投手も候補に挙がるが、左腕投手のドラフト1位指名が続いており、今年は県岐阜商・高橋純平投手の1位指名が確実視される。抽選になる可能性も高く、抽選を外した時には平沢選手を1位指名する。ドラフト上位の戦略はほぼ間違いないだろう。

2015年度-高校生内野手のドラフト候補リスト

2015年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

阪神タイガースのチーム世代表 

猛虎の本拠地を沸かせた高校生スラッガーが今秋、運命の糸に導かれるかもしれない。3番遊撃手として仙台育英を準優勝に導き、高校日本代表の主力として世界と戦う平沢の評価が急浮上している。ある球団幹部はこう評する。

 「野手ではNO・1(の評価)だろう。やはり、鳥谷の後というのを育てておかないといけないからね。外れ1位という可能性はあるかもしれない。それぐらいでないと消えてしまうかもしれない」


PAGE TOP