花巻東・高橋樹也投手は気持ちはプロも複数の社会人チームからオファー

花巻東, 高橋樹也

 侍ジャパンU18代表で、貴重なリリーフ左腕として活躍した花巻東の高橋樹也投手は、プロか社会人かで進路を決める。

ストレートが課題

 花巻東の高橋樹也投手は、最速146キロを記録したこともある左腕だが、投球内容としては低めの内角外角にストレートを決め、スライダーなど変化球で打ち取るピッチングが持ち味、甲子園でも好投を見せると、このU18ワールドカップでもリリーフとして3試合に登板し6回を無失点に抑えた。

 高橋投手は「いいピッチャーばかりで、自分もしっかり投げないとと思って臨んだ。このメンバーで野球ができて良かった」と話す。しかし、常時140キロ以上を投げる小笠原慎之介投手や高橋純平投手、130キロ台でもストレートで勝負できる上野翔太郎投手や成田翔投手を間近に見て「ストレートはまだ力が及ばない」とも感じたという。

 

進路は

 高橋投手はプロへ行きたい思いが強いという。しかし複数の社会人チームからオファーがあるとして、「帰って監督さんと相談します」と話した。

 下半身が抜群に安定しており、十分プロでも通用するピッチングができると思う。プロ志望をすれば東北楽天など指名をしてくる球団はありそうだ。しかし体が176cm74kgと大きくないこともあり、体力をつける必要もでてくる。社会人でそれをやるのかプロでやるのか、考えて決めることになる。

2015年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト

高橋樹也(3年=花巻東)は、3戦6回を投げ無失点。いずれも中継ぎだが、鋭く曲がるスライダーを使った安定感あるピッチングで、試合を引き締めた。「いいピッチャーばかりで、自分もしっかり投げないとと思って臨んだ。このメンバーで野球ができて良かった」と振り返った。初めて世界と戦い「ストレートはまだ力が及ばない」と、課題も見つかった。プロに行きたい気持ちがあるが、複数の社会人からもオファーがあり、進路はまだ未定だ。「帰って(佐々木洋)監督さんと相談します」と話した。


PAGE TOP