東海大相模・小笠原慎之介投手、吉田凌投手がプロ志望!

吉田凌, 小笠原慎之介, 東海大相模

東海大相模の甲子園優勝の左腕と右腕、小笠原慎之介投手と吉田凌投手がそれぞれプロ志望届を提出し、会見に臨んだ。

ともにプロ志望

二人ともにプロ志望を表明した。東海大相模は東海大系列の強豪という事もあり、東海大に進学する選手が多い。また、高校生の進路の決断では監督と大学の繋がりで進学を決める選手も少なくなく、特に東海大系列は東海大の意向により東海大、国際武道大などに進学をする選手もいる。昨年も140キロカルテットのうち、エースの青島凌也投手は東海大に進学、佐藤雄偉知投手はプロ志望をして中日から育成ドラフトで指名を受けたものの、Honda鈴鹿に進路を決めていた。

今年は二人のエースがおり、どちらかはプロでどちらかは東海大という噂もあったが、通常は夏前には東海大進学の情報がスカウトなどにも入り、スカウトの口から名前が挙がらなくなってくるのだが、小笠原投手、吉田投手とも夏以降もプロのスカウトがマークし評価を口にしていた。

プロ志望届の提出は締め切りギリギリになったものの、ともにプロ志望は珍しい。しかし小笠原投手は湘南ボーイズでジャイアンツカップ優勝のエース、吉田投手も北播シニアで全国から注目されていた投手だったこともあり、東海大相模入りするにあたり3年後にプロ入りという条件があったかもしれない。

または、今年の東海大相模や杉崎成輝選手、豊田寛選手、長倉蓮選手、千野啓二郎選手、磯網栄登選手など、プロも注目する野手も多かったが、プロ志望はしなかった。大学でもう一回り成長したい野手が東海大や国際武道大に進むことで、監督の顔も立ったのかもしれない。

 

投げ合いたい

二人は1年生の時からエースの座を争ってきた。1年時には吉田凌投手が先発して149キロを記録すれば、小笠原投手はリリーフで145キロを記録して好投を見せていた。2年生夏には吉田凌投手が神奈川大会決勝で1試合20奪三振を記録し注目された。しかし秋になると小笠原投手が背番号1を獲得し、その後1年間、エース番号を守り切った。そしてその二人の戦いは、甲子園優勝という大きな成果をもたらした。

吉田凌投手は「3年間一緒に同じチームでやってきたので、次はできれば投げ合いたいです」と話した。チーム内での争いではなく、試合で勝負を決めたい。最終的なエース争いは日本のエース争いとして、プロ野球まで持ち越しとなりそうだ。

2015年高校生プロ志望届提出選手一覧 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

東海大相模高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

また、縦に鋭く落ちるスライダーを武器に、昨夏の神奈川大会決勝で20三振を奪った吉田は将来的に小笠原との対決を希望。「3年間一緒に同じチームでやってきたので、次はできれば投げ合いたいです」と言った。


PAGE TOP