横浜高・公家響選手、八戸学院光星・田城飛翔選手などがホームラン

八戸学院光星, 公家響, 横浜高, 田城飛翔

この日は横浜高校の公家響や、八戸学院光星の田城飛翔選手にホームランが出た。公家選手について東京ヤクルトの小川SDは、中距離タイプの選手と評価した。

レフトへの特大弾

横浜高校はこの日、先発全員安打を記録した。その中で6番を打つファーストの公家響選手が3回にレフトスタンド中段に飛び込む3ランホームランを放ち存在感を見せた。

公家選手は神奈川大会でも3本塁打を放ち、長打力が注目されるが、視察した東京ヤクルトの小川SDは「コンパクトなスイングで、しっかりボールをたたける右打者だ。この日で高校通算28本目と聞いたが、今後は長距離砲というより、中距離打者を目指すタイプだとみている。」と評価した。

またこの日は八戸学院光星の田城飛翔選手も活躍を見せた。3回には軽くスイングした打球が風にも乗り、バックスクリーン右に飛び込むホームランを放った。また、第1打席第2打席では左右にヒットを放ち、延長10回には内野安打を見せた。打撃センスが良く、さすがのプロのスカウトが高く評価する選手、5打数4安打2打点の活躍だった。

2016年度-高校生内野手のドラフト候補リスト

2016年度-高校生外野手のドラフト候補リスト

印象に残ったのは、三回に左越え本塁打を放つなど5打数2安打3打点だった6番打者の公家(くげ)。コンパクトなスイングで、しっかりボールをたたける右打者だ。この日で高校通算28本目と聞いたが、今後は長距離砲というより、中距離打者を目指すタイプだとみている。


PAGE TOP