ドラフト1位ルーキー対決、東北楽天・オコエ瑠偉選手が横浜DeNA・今永昇太投手から初ホームラン

オコエ瑠偉, 今永昇太

プロ野球で活躍を見せるドラフト1位ルーキー選手、この日は東北楽天オコエ瑠偉選手が横浜DeNAですでに5勝を挙げている今永昇太投手からホームランを放ち打ち崩した。

ドラフト1位ルーキー対決

この日はドラフト1位ルーキー対決となった。1番で出場した東北楽天・オコエ瑠偉選手は、1回に今永昇太投手と対戦し、インコース高めの球でライトフライに終わった。3回の第2打席ではそのインコース高めを振りぬくと、レフトスタンド中段に飛び込む大きなホームラン、プロ第1号ホームランとなった。

昨年のドラフトでは平沢大河選手を外した東北楽天が外れ1位で指名した。遊撃手としてチャレンジする平沢選手と単純に比較はできないが、一足先にホームランを放つ事ができた。1番バッターとしてチームにも勢いをもたらしているオコエ選手、欠かせない選手となっていく可能性は非常に高い。まだ打撃も守備も粗いが、成長のスピードは将来を非常に期待される。

今永投手はこれからが試練

投げた今永投手も「僕の中では失投ではない。年下に負けたくない気持ちはあったが、きょうは完敗です」と素直に負けを認めた。開幕後に味方の援護がなく4連敗したものの、その後は5連勝をしている。交流戦では千葉ロッテ戦で3回5失点で降板したものの負けはつかず、先週のオリックス戦は6回無失点の好投を見せていた。この日は4回で5安打4失点で黒星がつき、5勝5敗となった。

これからはプロの打者も対策をしてくる。そして夏の暑さとともに、これまで経験したことがない長いシーズンの疲労も大きくなる。体が大きくない今永投手にとって、1年間を投げる体力的な面での課題は指摘されていた。「ここで終わるならそれまでの投手。ここから今永がどうなるかを見てほしい」と話した今永投手、強い精神力で1年目をどのように戦い続けるか注目される。

2015ドラフト全指名選手 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

 「打った瞬間、入ると確信しました。2軍でも打席に立っていたし練習も結構したので、ここまで長かったと思う」

 ファンの度肝を抜いた。3回だ。相手はドラフト1位左腕の今永。初球から直球を狙った。138キロの内寄り高め直球。軸の右足に体重を残し、強烈な回転運動でバットを振った。プロ1号は失速することなく左中間席中段へ。推定飛距離125メートルの一発を見舞った。

。初回の第1打席では同じコースの直球で右飛に打ち取っており「僕の中では失投ではない。年下に負けたくない気持ちはあったが、きょうは完敗です」と悔しがった。


PAGE TOP