阪神・高山俊選手、ルーキーでオールスターファン投票選出

高山俊

プロ野球オールスターゲームのファン投票の結果が発表され、ルーキーでは阪神高山俊選手がセリーグ外野手部門3位となり選出された。

ルーキー選出

高山選手は261,453票を獲得し、セリーグ部門3位の得票数となった。高山選手は現在、打率は.256、2本塁打とシーズン当初に比べ成績を落とし、1年間試合が続くプロの厳しさを経験している。それでも攻守でチームの勝利のために貢献をしており、さすが昨年ドラフト1位の指名競合選手という所だろう。

ルーキーでのファン投票選出は、昨年、横浜DeNA山崎康晃投手がセリーグリリーフ部門で選出され、山崎投手はその後も活躍し新人王を獲得している。

監督推薦

昨年のオールスターでは巨人高木勇人投手が監督推薦で選出され、12球団でルーキーの選手は2人だった。

今年は横浜DeNAの今永投手や東北楽天オコエ瑠偉選手、広島岡田明丈投手や中日小笠原慎之介投手も1軍でプレーしているが。ルーキーの選出があるのか注目したい。

2015ドラフト全指名選手 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

2016年ルーキーの活躍・成績一覧 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

阪神からは唯一のファン投票選出で、12球団の新人でも1人だけだった。3月25日の中日との開幕戦では1番で出場。初打席初安打の快デビューを飾り、4月までに3度の4安打を記録した。5月半ばからは打順が下がり、交流戦終盤からは先発を外れて70試合で打率・256、2本塁打、27打点。一時の勢いは消えてもドラフト1位としての無限の可能性をファンに認められた。


PAGE TOP