横浜高・椎木卿五捕手がホームラン、プロ志望捕手にヤクルトスカウトが評価

2024年ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース

春季高校野球神奈川大会の準々決勝では横浜高校が慶応高校に9-4で勝利し準決勝進出を決めた。プロ注目の捕手・椎木卿五選手がホームランを放ち、ヤクルトのスカウトが評価した。

スポンサーリンク

父もプロ野球の捕手

椎木卿五選手は初回、2アウト2塁の場面で、昨年の夏の甲子園でも活躍を見せていた慶応・小宅雅己投手のカットボールを捉えると、打球はレフトの芝生席に飛び込んだ。「最初はフェンス直撃だと思ったので、そのまま入ってくれてうれしい」と話した。

178cm80kgの捕手で横浜高校では1年秋から4番を打ち、高校通算12本塁打を放っている。父は千葉ロッテなどで活躍した椎木匠氏で、父と同じポジションで二塁送球1.9秒台の肩も見せる。

この日視察した東京ヤクルトの斉藤スカウトは、「空振りしたカットボールを狙って、捕手らしい一発」と話し、「貴重な打てる打者」と評価した。プロ入りを目指しているが、「まずはここから夏まで一つも負けるつもりはない」と話し、春の関東大会優勝、そして夏の甲子園出場を目指す。

次戦は東海大相模と対戦するが、「気持ちを切らさず、一戦必勝で」と気合を込めた。

2024年度-高校生捕手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2024年度-高校生-神奈川県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
横浜・椎木 雪辱のV2ラン 慶応に逆転負けで昨夏の甲子園逃す「リベンジできて良かった」/デイリースポーツ online
 「春季高校野球神奈川県大会・準々決勝、横浜9-4慶応」(28日、サーティーフォー保土ケ谷球場) 甲高い金属音とともに放たれた打球に1万人超の視線が集中した。異例の開放となった外野席の芝に白球が弾むと、横浜・椎木卿五(けいご)捕手(3年)は力強くガッツポーズ。先制V2ランで因縁の相手に雪辱だ。
横浜・椎木 1万人沸かせた慶応討ちV2ラン エース・小宅に「ようやくリベンジできた」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 保土ケ谷球場に集まった1万人の大観衆を一振りでくぎ付けにした。初回2死二塁。今秋ドラフト候補に挙がる横浜の4番・椎木卿五(3年)がカットボールを捉える。ライナー性の打球は、そのまま左翼ポール付近まで一直線。大歓声でフェンス越えに気づき「最初はフェンス直撃だと思ったので、そのまま入ってくれてうれしい」と笑みがこぼれた。
横浜が昨夏Vの慶応に完勝して4強入り プロ注目のスラッガー椎木卿五の2ラン皮切りに9得点 - 高校野球 : 日刊スポーツ
早朝から3000人近くの高校野球ファンが行列を作った慶応-横浜の一戦は、横浜が打ち勝ってベスト4へ駒を進めた。初回、横浜の1番阿部葉太外野手(2年)が、昨夏の… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント