大阪ガス、土肥星也投手、酒居知史投手に明暗、11球団34人スカウト視察

土肥星也, 大阪ガス, 酒居知史

社会人野球のJABA京都大会に大阪ガスが登場し、土肥星也投手、酒居知史投手が登板した。内容は明暗が分かれたが、スカウトの評価はいずれも高いものだった。

土肥投手は好投

プロ注目の左右のエースがいる大阪ガス、先発は左のエース・土肥星也投手だった。土肥投手は185cmの上背がある大型左腕で、最速147キロの速球を投げる。この日の新日鐵住金かずさマジック戦に先発すると、速球と得意のチェンジアップも良く、6回を4安打6奪三振1失点と好投、「制球を気にする事なく投げられた」と安定した投球を自己評価した。

この日は11球団34人のスカウトが視察に訪れたが、阪神の畑山統括スカウト補佐は「今後が楽しみ。経験を積んで全国で結果を残せれば評価は上がる」とコメントしている。

スポニチ大会で147キロの速球を披露し、大型の速球派左腕という事で、欲しいと思う球団は多くなりそうだ。

酒居投手は不調続く

一方、多くの球団がドラフト上位候補にリストアップをしている右のエース・酒居知史投手は、この日は7回から登板すると、9回1アウトから3連打を浴び、その後3ランホームランを打たれ、2回1/3を投げて4失点で敗戦投手となった。

酒居投手は昨年は都市対抗で決勝進出の立役者になるなど、東京ガスの山岡泰輔投手と社会人NO.1右腕として並ぶ評価を受けていた。しかし今年はオフに2段モーション気味のフォームを直す取り組みをし調整が遅れると、3月のスポニチ大会ではJR東日本戦に先発したが3回を投げて5安打4失点と調子の悪さを心配されていた。

この投球に巨人・山下スカウト部長は「良い時の姿は見ているから」とコメントし、評価は急には下がらないことを強調したが、今の状態でドラフト1位で指名するのはリスクも考えると難しいか。

それでも昨年は抜群の安定感を見せ、球速も148キロを記録する右腕には、今後も注目されていく。正直、都市対抗までに良くなるというのはやや難しいかもしれないが、秋のドラフト直前くらいに調子を上げてくれば、再びドラフト1位候補として名前が挙がってくる。

大阪ガスのドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2016年度-社会人投手-左投のドラフト候補リスト

2016年度-社会人投手-右投のドラフト候補リスト

最速147キロの直球と低めに集まるチェンジアップが持ち味の左腕。11球団34人のスカウトが視察し、阪神・畑山統括スカウト補佐は「今後が楽しみ。経験を積んで全国で結果を残せれば評価は上がる」と語っていた。

MAX148キロ右腕は、同点の9回1死から3連打を浴びると、続けてダメ押しの3ランを被弾。「完全な力負け」と厳しい表情。巨人・山下スカウト部長は「良い時の姿は見ているから」と、好素材には変わりがないとの見方を示した。


PAGE TOP