巨人ドラフト4位のヤマハ・池田駿投手、MVP手土産にプロへ

ヤマハ, 池田駿

社会人野球日本選手権は決勝戦が行われ、ヤマハが日本通運に3-2で勝利し優勝した。巨人にドラフト4位で指名された池田駿投手が先発し、8回途中まで1失点に抑える好投を見せ、大会のMVPに輝いた。

MVP

池田投手はこの日はキレの良いストレートで序盤から飛ばし無失点に抑えていく。中盤より疲れが見えヒットを許したものの粘りを見せた。7回に1失点し8回もピンチを背負ってそこで降板、7回2/3を投げて8安打を許したものの10三振を奪い1失点、堂々の好投を見せた。

池田投手は今大会は1回戦の東京ガス戦に先発し、オリックスドラフト1位の山岡泰輔投手と投げ合った。しかし4回5安打2失点と内容としては良くなかった。大会前に爪が割れた事も影響していた。しかし準々決勝のJR西日本戦では8回0/3を投げて4安打7奪三振に自責点2、そして中1日で登板したこの日も好投しヤマハを優勝に導いた。「ヤマハでは最後の試合。絶対に勝ちたかった。折れても壊れてもいいという気持ちでいった」と話した。

新潟明訓高校から専修大を経てヤマハに進み、今年のドラフト会議で巨人からドラフト4位で指名された。「高校、大学の時はプロなんて考えもしなかった。ヤマハでの2年間があったからこそ。球が遅くてストライクの入らない投手を一から見てくれた」と話す。

その恩に全国制覇で応えた。ヤマハに大きなものを残し、そして自らも大きな手土産をもってプロへと向かう。

ヤマハのドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2016ドラフト指名選手 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

最速148キロを誇る左腕。今大会前には左手人さし指の爪が割れ、登板が危ぶまれたが、1回戦から投げた。132球で8回0/3を2失点に抑えたJR西日本との準々決勝から中1日のマウンド。「ヤマハでは最後の試合。絶対に勝ちたかった。(腕が)折れても壊れてもいいという気持ちでいった」。8安打を許しても毎回の10三振を奪い、1失点。最速142キロを計測した直球にスライダー、チェンジアップを織り交ぜ、日本通運に的を絞らせなかった。ヤマハに在籍して2年目。その集大成にふさわしい134球の熱投だった。

涙が止まらなかった。歓喜の輪で池田駿は泣き崩れた。社会人野球最後のマウンドで八回途中1失点。「腕が壊れてもいいと思った。ヤマハで最後の試合なので勝ちたかった」と声を震わせる。


PAGE TOP