慶大の153キロ右腕・加藤拓也投手、来年は先発で活躍しプロへ

加藤拓也, 慶応大

慶大も今年の練習を打ち上げた。最速153キロの速球を投げ、来年のドラフト上位候補の加藤拓也投手は来年に向けての目標を話した。

先発で勝負

加藤拓也投手はがっちりとした体から常時140キロ後半の速球を投げる力投型の投手で、短いイニングで力を発揮するとして今年の秋はリリーフとして登板し4勝を挙げている。しかし1年秋に150キロデビューをし、2年時や今年春は先発で登板していた。

加藤投手は来年に向けて「来年は先発に戻ると思う。球数を減らせるようにしたい」と話し、先発で勝負する今年話した。それに向けて制球力を上げて球数を減らすことを挙げ、「コントロールしようとすると縮こまって魅力がなくなる。」と全力投球で投げ制球力を上げることを目標とした。

今年の明大・上原健太投手が先発に転向を試みたものの結果を出せずに苦労をしたが、既に1戦目の先発として結果も残している加藤投手は心配はなさそうだ。

来年の大学生候補は、今のところ創価大の田中正義投手が頭一つ出ている。次いで流通経済大の155キロ右腕・生田目翼投手と加藤投手がいるという感じで、ドラフト1位の12人に入ってくるとみられる。

2016年度-大学生のドラフト候補リスト

来秋ドラフト候補に挙がる153キロ右腕・加藤拓は、今季は主に抑えを務めたが「来年は先発に戻ると思う。球数を減らせるようにしたい」と、大黒柱としてフル回転することを誓っていた。


PAGE TOP